バイクやクルマ好きなら夢中になる…ヤマハのスノーモビルに乗ってみた

モーターサイクル 新型車

ヤマハ発動機はタングラム斑尾(長野県)にて、スノーモビルの試乗会を開催。
  • ヤマハ発動機はタングラム斑尾(長野県)にて、スノーモビルの試乗会を開催。
  • ヤマハ発動機はタングラム斑尾(長野県)にて、スノーモビルの試乗会を開催。
  • ヤマハ発動機はタングラム斑尾(長野県)にて、スノーモビルの試乗会を開催。
  • ヤマハ発動機はタングラム斑尾(長野県)にて、スノーモビルの試乗会を開催。
  • ヤマハ発動機はタングラム斑尾(長野県)にて、スノーモビルの試乗会を開催。
  • ヤマハ発動機はタングラム斑尾(長野県)にて、スノーモビルの試乗会を開催。
  • ヤマハ発動機はタングラム斑尾(長野県)にて、スノーモビルの試乗会を開催。
  • ヤマハ発動機はタングラム斑尾(長野県)にて、スノーモビルの試乗会を開催。
ヤマハ発動機がタングラム斑尾(長野県)で開いたスノーモビルの試乗会。バイクジャーナリストの記者も乗ってみた。初めての体験だ。

バイクと大きく違うのは、フロントがスキー、リアの駆動がキャタピラ(トラック)になっていること。コーナリング時にバイクのように車体が大きく傾くことはなく、ハンドル操作はもちろん乗り手の積極的な荷重移動がキモとなる。

アクセル操作もスロットルグリップを捻るバイクと異なり、レバーを引いて調整する。はじめのうちは感覚が掴めなかったが、すぐに慣れて簡単に雪上を走ることができた。

試乗車は500~1000ccのエンジンを搭載し、とてもパワフル。スポーツモデルは軽快に走るし、ユーティリティモデルは大排気量エンジンにモノを言わせて力強く加速する。スロットルレスポンスも鋭く、コーナーではカウンターを当てるようにして走ってみたり、ジャンプに挑戦したり、ときには転倒も。

雪上のモトクロスなどとも呼ばれているとおり、なかなか過激なモータースポーツだ。すぐに汗だくになってしまったが、何時間走っても飽きない。バイクやクルマに乗るのが好きな人なら、夢中になること間違いなしだ。

タングラム斑尾では林間コースが設定され、冬季はレンタルでヤマハのスノーモビルが楽しめる。インストラクターが親切丁寧に乗り方を教えてくれるから、初心者も安心して安全に乗車可能。白樺の向こうに妙高山や黒姫山が見えるその林間セクションが、なんと美しいことか。

スノーモビルを操るのも時間が経つのを忘れるほど面白いし、この遊び、病みつきになりそう。
《青木タカオ》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モーターサイクル アクセスランキング

  1. 軽二輪車新車販売、10.3%減の2万3854台で2年連続マイナス…2016年上半期

    軽二輪車新車販売、10.3%減の2万3854台で2年連続マイナス…2016年上半期

  2. バイクETC車載器助成、可能台数のカウンター表示を取りやめ…NEXCO

    バイクETC車載器助成、可能台数のカウンター表示を取りやめ…NEXCO

  3. ベスパ、スプリント150/プリマベーラ125 の2016年モデル発売…新型エンジンとABS搭載

    ベスパ、スプリント150/プリマベーラ125 の2016年モデル発売…新型エンジンとABS搭載

  4. 電動スクーター バイクル L6 発売、低シート高の軽量モデル

  5. 川崎重工、モーターサイクル&エンジンカンパニーに「効率化推進部」を新設

  6. 二輪車輸出実績、欧州向けが2か月連続で4割増…5月

  7. 最新のオフロード白バイを激写…ヤマハ セロー250 ベースの災害用車両[写真蔵]

  8. ミツバサンコーワ、二輪車用初のGPS搭載ETC2.0車載器を発売

  9. カワサキ Ninja H2R、斬新かつ機能的デザインで「発明賞」

  10. ハーレーダビッドソンジャパン、三輪オートバイを日本導入…400万4000円から

アクセスランキングをもっと見る