日立建機、国内初のハイブリッド中型ホイールローダを発売

自動車 ビジネス 国内マーケット

日立建機は、ハイブリッド機構を搭載した新型ホイールローダ「ZW220HYB-5B(標準バケット容量3.4立方米、運転質量18.18t)」を4月1日から発売する。

日立建機は、2003年に業界初となるハイブリッドホイールローダを開発し、その後も、実用化に向けた研究を続けてきた。2008年には、当時、同社の連結子会社であったTCMが、超大型のハイブリッドホイールローダ「L130(標準バケット容量13立方米)」を限定発売している。今回発売するZW220HYB-5Bは、それに続くもので、中型ホイールローダにおけるハイブリッド機の市場投入は、国内初となる。

ZW220HYB-5Bのハイブリッドシステムは、減速時に発生するエネルギーを電気エネルギーとしてキャパシタに蓄電し、加速時に走行モータへ給電することで燃料消費量を削減。エンジン回転数制御機構とあわせ、標準機「ZW220-5B」比最大20%の燃費低減を実現する。

同社では、2014年から市場導入に向けたユーザーテストを繰り返し行うことで、今回の製品化に至り、受注生産にて、日本国内で発売を開始する。

価格は4522万円。
《纐纈敏也@DAYS》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品