【スバル WRX S4 スポルヴィータ 試乗】弁えた大人の高性能車…島崎七生人

試乗記 国産車

スバル WRX S4 SporVita
  • スバル WRX S4 SporVita
  • スバル WRX S4 SporVita
  • スバル WRX S4 SporVita
  • スバル WRX S4 SporVita
  • スバル WRX S4 SporVita
  • スバル WRX S4 SporVita
  • スバル WRX S4 SporVita
  • スバル WRX S4 SporVita
ニュルブルクリンクのコース図のステッカーというと、こだわり派スバル車オーナーの定番のひとつ。ところが“イタリア”を身につけ新境地を提案してきたのが、この『WRX S4 Sporvita(スポルヴィータ)』である。

ポイントは内装にある。イタリア・トリノのMARIO LEVI(マリオ・レヴィ)から調達した革内装が与えられている。色はタンとブラックのコンビで、タンはドアトリム、シフトブーツ、アームレスト、ステアリング等にアクセントで使用。さらにステッチ(シートメイン部のそれはパターンも凝ったもの)もタンとし、室内全体のハーモニーを作り出している。どんな雰囲気か?のすべては写真でお伝えできず、実車をご覧いただくしかないが、しっとりとした風合いといい、匂いといい、これまでのスバル車とはひと味違う“モード系”のセンスで、確かに格別の味わいがある。

ベース車は最新の「WRX S4 2.0GT-S EyeSight」だから、走りは第一級だ。DUNLOP SPORT MAXX 245/40R18 93Wを履く足回りは、攻めるほどに気骨が伝わる設定。だが、普段、一般道を流す場面では“しなやかさ基本”のしっとりとした乗り味を示す。

300ps/40.8kgf・mの性能の水平対向2リットルターボは、もちろんこれまでどおりの高次元の走りを堪能させてくれる。とはいえそれは能ある鷹の爪のようでもあって、ジェントルな振るまいがサマになる、弁えた大人の高性能車といった佇まいだ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★

島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年よりフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。
《島崎七生人》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品