ヤマハ ボルト、車体色とタンクロゴ一新で新たな魅力…全3色の設定

モーターサイクル 新型車

ヤマハ XVS950CU BOLT(ボルト)の新色、ダルパープリッシュブルーメタリック(ブルー)。
  • ヤマハ XVS950CU BOLT(ボルト)の新色、ダルパープリッシュブルーメタリック(ブルー)。
  • ヤマハ XVS950CU BOLT(ボルト)の新色、ダルパープリッシュブルーメタリック(ブルー)。
  • ヤマハ XVS950CU BOLT(ボルト)の新色、ダルパープリッシュブルーメタリック(ブルー)。
  • ヤマハ XVS950CU BOLT(ボルト)の新色、ダルパープリッシュブルーメタリック(ブルー)。
  • ヤマハ XVS950CU BOLT(ボルト)の新色、ダルパープリッシュブルーメタリック(ブルー)。
  • ヤマハ XVS950CU BOLT(ボルト)の新色、ダルパープリッシュブルーメタリック(ブルー)。
  • ヤマハ XVS950CU BOLT(ボルト)の新色、ダルパープリッシュブルーメタリック(ブルー)。
  • ヤマハ XVS950CU BOLT(ボルト)の新色、ダルパープリッシュブルーメタリック(ブルー)。
「スターシリーズならではのボバースタイルと、市街地走行の楽しさ」をコンセプトに、2013年12月にデビューして以来、順調なセールスを続けるヤマハの空冷Vツインクルーザー『XVS950CU BOLT(ボルト)』シリーズ。

2月10日に新発売したばかりの最新型は、3つある車体色を一新した。

まず、スタンダードモデル(XVS950CU BOLT/89万9640円)には、シックな「ダルパープリッシュブルーメタリック」(ブルー)を設定。トラディショナルなティアドロップ型の燃料タンクに入る「BOLT」のロゴも新しい。

そして、ゴールドのリザーバータンク付きリアサスペンションやベージュステッチをあしらったバックスキン調黒表皮シート、前後切削ホイールを備える上級機種『XVS950CU BOLT-R』(94万5000円)と、そこにABSを搭載する『XVS950CU BOLT-R(A)』(99万5760円)には、情熱的な赤「ビビッドレッドカクテル1」と、メタル感を強調する「イエローイッシュグレーメタリック5」(グレー)を用意。燃料タンクのロゴは「Star」としている。

ボルトシリーズは、ダブルクレードルフレームを骨格としたスリムなボバースタイルの車体に、アーバン・ファン・ライディングにおける低中速での軽快な走りを実現する空冷60度Vツインエンジンをリジット懸架にて搭載。

ホイールベースを1,570mmと短く設定したことで、シャープなコーナリング特性と、安定した走りを生むハンドリングを両立した。
《青木タカオ》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品