ヤマハのスノーモビル、国内総需要は年間600 - 800台…北米、欧州、ロシアで人気

モーターサイクル 企業動向

ヤマハ発動機はタングラム斑尾(長野県)にて、スノーモビルの試乗会を開催。
  • ヤマハ発動機はタングラム斑尾(長野県)にて、スノーモビルの試乗会を開催。
  • ヤマハ発動機はタングラム斑尾(長野県)にて、スノーモビルの試乗会を開催。
  • ヤマハ発動機はタングラム斑尾(長野県)にて、スノーモビルの試乗会を開催。
  • ヤマハ発動機はタングラム斑尾(長野県)にて、スノーモビルの試乗会を開催。
  • ヤマハ発動機はタングラム斑尾(長野県)にて、スノーモビルの試乗会を開催。
  • 水冷4ストローク直列2気筒499ccエンジンを積むPhazer M-TX。
  • 1,049cc直列3気筒エンジンを搭載するVK Professional II。
  • 空冷2ストローク直列2気筒535ccエンジンを積むVK540IV。
ヤマハ発動機(以下、ヤマハ)が総合リゾート施設であるタングラム斑尾(長野県)にて、スノーモビルの試乗会を開催した。

1968年に『SL350』を発売して以来、ヤマハは国内唯一のスノーモビルメーカーで、現在では3機種の4ストロークモデルと、1機種の2ストロークモデルを国内向きにラインナップしている。

ヤマハによると、スノーモビルの世界の総需要は、アメリカがトップで40%、カナダが35.2%と、北米2か国だけで大半を占める。次いでロシアが13.1%、欧州が11%となっており、その他の地域はわずか0.1%にしか過ぎないという。

市場の傾向はアメリカの場合、ほぼすべてがレジャー市場。スノーモビルが楽しめるようトレイルシステムが整備されており、レースも盛んにおこなわれている。カナダもレジャーが中心だが、ユーティリティモデルや2人乗りモデルの需要も大きい総合市場だ。

ロシアは未開の荒野をレジャー&業務で走行するような使われ方をしていて、頑丈なユーティリティモデルが8割を占める。

欧州もカナダと似た総合市場だが、ユーティリティモデルや2人乗りモデルを家族で使用する成熟市場と言える。

国内総需要は年間600~800台で推移し、レジャー、林間管理などが主な目的。7割は業務用で、スキー場やホテル/ペンション、農林水産業、営林署などが用いている。

スポーツ/レジャーとしての需要は3割程度で、ヤマハの分析によると、ツーリングユースは30~55歳が最多層。平均年齢39歳、アウトドア志向の人が楽しんでいるの対し、競技層は15~35歳で、平均22歳。モータースポーツ好きの会社員らが趣味として満喫している。

2014年度のヤマハ出荷台数は2万1000台で、構成比はロシアが42.7%とダントツ。カナダ21.3%、アメリカ18.7%、欧州16.5%となっている。

なお、1986年には女優でありながら「地球のてっぺんに立ちたい」という和泉雅子さんの北極遠征にヤマハが協力。62日間、約800kmを走破しての北極点到達に、ヤマハのスノーモビルが大きく貢献した。
《青木タカオ》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モーターサイクル アクセスランキング

  1. ハーレー 2017年全32モデル発売、ツーリングファミリーに新エンジン搭載

    ハーレー 2017年全32モデル発売、ツーリングファミリーに新エンジン搭載

  2. 軽二輪中古車販売、4.6%減の1万5096台で2か月連続マイナス 7月

    軽二輪中古車販売、4.6%減の1万5096台で2か月連続マイナス 7月

  3. ドッペルギャンガー、ツーリング先で気軽に火を楽しめる新アイテム発売

    ドッペルギャンガー、ツーリング先で気軽に火を楽しめる新アイテム発売

  4. 【インドネシアオートショー16】2輪は脇役でも個性派ブランドが存在感を見せる

  5. 「あごひも、しっかり締めて 正しくヘルメット」二輪車安全運転推進運動 9月11-30日

  6. BMWモトラッド、白馬でミーティングイベントを開催…8月27日・28日

  7. 【鈴鹿8耐】ホンダCBR250RR初公開!ライバルを凌ぐ本格派装備でファンは熱視線

  8. カワサキ Ninja 250、2017年モデルを発表…カラー&グラフィックを変更

  9. カワサキ ZRX1200 DAEG、生産終了へ…ファイナルエディション発売

  10. 哀川翔は強化ガラスを割ったのか?---本人が語る真相

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら