フランス最大級のクラシックカーショー、現地メーカーは「歴史」アピール

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

SALON RETRO MOBILE 2016 ルノーブース
  • SALON RETRO MOBILE 2016 ルノーブース
  • SALON RETRO MOBILE 2016 ルノーF1
  • ルノー 20
  • ルノー 21ターボユーロカップ
  • ルノー アルピーヌA442B
  • ルノー エトワールフィランテ
  • ルノー 40CV NM
  • ルノー タイプAK
2月3日から7日にかけて、フランス最大級のクラシックカーショー、「SALON RETRO MOBILE 2016」が開催され、フランスのメーカー、ルノーやシトロエン、プジョー、そしてDSもブースを構えた。

もともといずれのメーカーもヘリテージを大切にしているため、これまでも積極的にブースを展開。今年も、会場中央にひときわ明るい照明のもと、同社のクラシックカーコレクションをはじめ、様々なモデルが展示された。

ルノーブースはモータースポーツをフィーチャー。自社のクラシックカーストックからF1をはじめ、ラリーで活躍した『ドーフィン』や『5アルピーヌ』、パリ・ダカールラリーに出場した『20』、スピード記録車の『エトワールフィランテ』、『40CV NM』など多数が出展されていた。

シトロエンは『2CV』、『CX』などのクラブとともにブースを作成。今年は『メアリ』をフィーチャー。その理由は、この春から『E-メアリ』として車名が復活したからだ。会場にはその現車と、1968年にデビューしたいわば初代が展示された。E-メアリのボディはいわゆるビーチカーと呼ばれるオープントップボディをまとっており、初代のコンセプトを踏襲している。

また、プジョーブースもソショーにある博物館と、多くのクラブとともにブースが構成された。新しいモデルでは、コンセプトカーの『HX1』も展示されたほか、シャンゼリゼ通りにもあるプジョーブティックがオープンし、様々なグッズ類が売られていた。

そして、今回初となったDSは東京モーターショーと同様のデザインでブースが作られ、最新の『DS 3』が展示されたほか、『DS』や『SM』クラブが出展。また、DSブティックではDSブランドのスカーフやカバン、Tシャツのほか、ミニカーなどが販売された。
《内田俊一》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品