月額4000円切りは可能か? 格安スマホへ機種変レポート

エンターテインメント 話題

格安スマホサービスを展開するイオン
  • 格安スマホサービスを展開するイオン
  • 「AQUOS」シリーズのSIMフリーモデル第2弾の5型「AQUOS SH-M02」
 前回の通り、格安スマホへの移行を決意した筆者だが、注意しておかなければいけない点がある。筆者は前端末でモバイルSuicaを使っていた。新しい機種でもモバイルSuicaを使い続ける場合には、MNPの手続きをする前にモバイルSuicaで機種変更操作を行うことでデータを退避しておく必要がある。このあたりの手続きはSuicaのページであらかじめ確認しておくとよいだろう(JR東日本:https://www.jreast.co.jp/mobilesuica/procedure/chg_model.html)。筆者が選択した格安スマホはイオンスマホだったのだが、カウンターでSuica使用の有無を確認され気が付いた。

 イオンスマホに変更した理由はイオンモールに行く機会が多く、店頭での手続きが簡単そうだったため。また、イオンスマホはイオンカードを持っていれば、端末の分割払いが可能であったことも理由のひとつだ。

 執筆時点でイオンスマホの端末ラインナップは「XPERIA J1 Compact」(59,184円)、「VAIO Phone VA-10J」(51,840円)、「ARROWS M02」(37,584円)、「KYOCERA S301」(32,184円)、「AQUOS SH-M02」(48,384円)の5種類。筆者は前述のようにモバイルSuicaを使い続けたかったため、NFCを搭載している機種が必須となった。選択肢が「XPERIA J1 Compact」「ARROWS M02」「AQUOS SH-M02」に絞られたが、最終的には「AQUOS SH-M02」を選択した。「KYOCERA S301」も人気と聞いていたが、NFCがない時点でハズれとなった。しかし、AQUOSにも不満は残る。第一、デザインは期待していたものとは異なり、厚めでイケてない。画面もGalaxyより小さくなって違和感があった。一方、周りからは「通信速度は大丈夫か?」という声もあったが、こちらは問題ない。スペックによるとLTEは下り最大262.5Mbpsだからだ。実測は30Mbpsといったところか(場所・時間によって異なるが)。

 イオンスマホは「BIGLOBE LTE・3G」を使うため、こちらの申し込みも必要になる。が、手間はかからない。店頭で必要書類を記入すれば、ポスト投函するだけの状態まで準備してくれた。後日BIGLOBEの会員証とユーザーIDなどの情報が送られてくる。申し込み手続きは1時間ほどで完了し、通話ができるようになった。

ちなみにプランは以下の3種類。

・音声スタートプラン(1,400円※1350円)通信容量:1GB/月
・ライトSプラン(音声通話オプション込み)(2,150円※1650円)通信容量6GB/月
・12ギガプラン(音声通話オプション込み)(3,400円※2980円)通信容量12GB/月

※SIMパッケージ経由で申し込んだ場合

 筆者は6GBのプランを選択した。ちなみに、初回購入時SIMパッケージ代金3,000円が必要だ。また、申し込み時、600円のイオンスマホ安心パックに加入させられた。2か月間は無料だ。

 予定では、6GBのプラン料金1,650円と分割の本体料金2,016円が月々かかる予定だ。合計で3,676円。これに通話料金が加算されるわけだが、ほとんど通話は使わないことを考えると、4,000円以内にはおさまりそうだ。これは従来のNTTドコモの端末を使っていた時に比べて約半額となる。本体を支払ってしまっている場合は、月々1,650円+通話料となる。具体的な検証は請求がきてからさらにレポートしてみたい。

 「AQUOS SH-M02」のアプリには、イオンスマホならではのアプリが搭載されている。WAONもそのひとつだ。イオン利用者ならもっている人も多いポイントカードだが、これから従来のWAONカードとの移行など試してみようと思う。

【レポート】格安スマホへ機種変!月額支払い4000円以内の生活へ!?

《編集部@RBB TODAY》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

エンターテインメント アクセスランキング

  1. 子どもも大喜び、オモシロ食材が楽しい「節約BBQ」

    子どもも大喜び、オモシロ食材が楽しい「節約BBQ」

  2. 【GARMIN Edge 520J インプレ前編】コンパクトさと多機能を両立した定番サイクリングコンピュータの進化系

    【GARMIN Edge 520J インプレ前編】コンパクトさと多機能を両立した定番サイクリングコンピュータの進化系

  3. Galaxy S7 edge に“バットマン”モデル登場…VRツールも付属

    Galaxy S7 edge に“バットマン”モデル登場…VRツールも付属

  4. 【GARMIN ForeAthlete 225J インプレ前編】心拍計内蔵で利便性が劇的に向上したGPSウォッチの中核モデル

  5. 【GARMIN VIRB-J XE 3か月インプレ】ドラレコとしての使い勝手を検証、自動録画機能が活躍

  6. オバマ大統領すでに来日?! 日本観光する写真が……

  7. ドラゴンボール、デスノート、ワンピース…伝説の作品がUSJに降臨

  8. 自衛隊でも使われる海での遭難を探索するツールはGPS不要

  9. 【GARMIN fenix 3J HR インプレ前編】装着するだけで心拍数も測れるfenix…多くのアクティビティに対応

  10. 佐川急便、バスタ新宿に宅配カウンターを開設…「手ぶら観光」サービスを提供

アクセスランキングをもっと見る