NTTとトヨタ・PFN社、「ぶつからないクルマ」の実動デモンストレーションを発表

自動車 テクノロジー 安全

高度運転支援向けエッジコンピューティング技術
  • 高度運転支援向けエッジコンピューティング技術
NTTは2月16日、トヨタ自動車、Preferred Networks社(PFN)とともに、「ぶつからないクルマ」のコンセプトを実動デモンストレーションとして具現化したと発表した。

NTTでは、ネットワークのエッジに計算機能を持つサーバを分散配置し、ユーザやスマートフォン、通信機能を持つ自動車等に近い位置で様々な処理を高速に行うとともに、複数の無線アクセス方式を組み合わせて確実にデータをやり取りする、高い信頼性と低遅延性を持つIoTサービスの基盤技術の確立を目指している。

現在、自動車分野では、車両のセンサ情報に基づいて自律的に判断、注意喚起等をする運転支援に加え、車々間や路側設備、歩行者の持つ端末などとの連携による周辺状況の共有と活用が必要となってきている。そこで、トヨタ、PFN、NTTの持つコンセプトや技術を持ち寄り、実動デモを作成した。

今回実現したデモンストレーションでは、トヨタの考える人工知能を使った将来の運転支援のコンセプトを、NTTのエッジコンピューティング技術と高信頼無線技術、PFNのぶつからない事象を学習するディープラーニング技術とその分散処理技術を用いて実現。自動車模型を使用し、各車が走行することで刻々と変化する周囲環境に対して、衝突回避の動きを、エッジサーバで動作するPFN社の人工知能により学習。複数の車の学習状態を共有することで、学習に必要な時間の短縮も実現している。サーバと車との通信は複数の無線アクセス方式を使い高い信頼性が保たれており、送られた学習結果を用いてそれぞれの車が自律的にぶつかることなく走行している。

将来的には、複数の車や路側設備から送られるデータから、今周辺で何が起きているかといった動的で精密な交通空間情報を作る、交通渋滞等の分析・学習・予測をする、緊急時・災害時に車両の優先度付けを行う、など、より高度な処理をエッジサーバ上で行うことで、リアルタイムに高度な運転支援をするために必要な情報を提供できるインフラ技術の確立を目指していく。

なおNTTでは、今回発表したコンセプトデモとして、CES2016に出展したデモンストレーションを、2月18日~19日にNTT武蔵野研究開発センタで開催する「NTT R&D フォーラム 2016」で紹介する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 テクノロジー アクセスランキング

  1. 【ユーロNCAP】スバル レヴォーグ、最高評価の5つ星

    【ユーロNCAP】スバル レヴォーグ、最高評価の5つ星

  2. タカタ製エアバッグのリコール、ホンダの修理完了率は4割…米国

    タカタ製エアバッグのリコール、ホンダの修理完了率は4割…米国

  3. ジープ レネゲード、米国でリコール…トレーラー牽引装置に不具合

    ジープ レネゲード、米国でリコール…トレーラー牽引装置に不具合

  4. “自動運転”は夢物語ではない…ZFの技術が実現する未来の車社会とは

  5. ものすごい可能性を感じさせる新発想ガジェット「KKP(くるくるピッ)」

  6. ZMP、カルガモ運搬する台車型ロボットの出荷を開始

  7. クラウド連携、自動運転専用ECUのプロトタイプ開発も…オール日立の取り組み

  8. 「カロッツェリア・サイバーナビは音が良い」というウワサの真偽を徹底検証! Part.2「サウンドチューニング能力のポテンシャル」に迫る!

  9. 車内でもハイレゾ音源を…話題沸騰中の Clarion『Full Digital Sound』 はメインストリームとなるか

  10. 無料ナビアプリ三つ巴対決、一番使いやすいのはどのアプリだ

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら