ヤマハ発動機、米国のスタートアップ企業 Veniam社に200万米ドルを出資 | レスポンス(Response.jp)

ヤマハ発動機、米国のスタートアップ企業 Veniam社に200万米ドルを出資

モーターサイクル 企業動向

ヤマハ発動機は2月16日、米国シリコンバレーのスタートアップ企業Veniam社に対して、200万米ドル(約2億2800万円)の出資を行ったと発表した。今回の出資は2015年8月にシリコンバレーで稼動した新事業開発のための子会社 Yamaha Motor Ventures & Laboratory Silicon Valley Inc.(YMVSV)による投資案件の第1弾となる。

Veniam社は、移動体向けメッシュ型Wi-Fi通信サービスの提供、通信ハードウェアの販売などを行うスタートアップ企業。これまで困難だった移動体向けメッシュ型通信網における通信経路決定を可能とするアルゴリズムを開発し、実用化。すでにポルトガルなどの運送事業者を対象に、通信サービスに加えて、通信機器、データ管理、セキュリティも含めたオールインワンソリューションでビジネスを展開している。

ヤマハ発動機は、今回のVeniam社への出資を通じて、つながるモビリティに関する新しい技術や商品、そしてサービスの企画と開発に繋げていく。また、今後もYMVSVを通じて新事業開発のためのテーマ探索・育成、事業化推進など、新たなビジネスモデル開発に繋がる活動を行い、魅力あるスタートアップ企業への戦略的投資についても積極的に実施していく。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品