メルセデスのブランド体験施設「NEXTDOOR」に込められた意味とは

自動車 ビジネス 国内マーケット

メルセデスベンツコネクションNEXTDOOR
  • メルセデスベンツコネクションNEXTDOOR
  • メルセデスベンツコネクションNEXTDOOR
  • メルセデスベンツコネクションNEXTDOOR
  • メルセデスベンツコネクションNEXTDOOR
  • メルセデスベンツコネクションNEXTDOOR
  • メルセデスベンツコネクションNEXTDOOR
  • メルセデスベンツコネクションNEXTDOOR
  • メルセデスベンツコネクションNEXTDOOR
メルセデス・ベンツ日本が開設したブランド体験施設、“メルセデスベンツコネクションNEXTDOOR”。このネーミングには2つの意味が込められているという。

その意味について、同社代表取締役社長兼CEOの上野金太郎氏は次のように説明する。「ひとつはメルセデスベンツコネクション内で展開しているカフェ&レストラン、UPSTAIRSとDOWNSTAIRSという既存のコンテンツと、隣接するイベント型のブランド体験施設NEXTDOORとの連動性」。もうひとつは、「メルセデス、そしてユーザーにとっても次の時代の扉を開く次世代、次のステージを見据えたブランドを体験してもらえるような施設にしたいという思いが込められている」という。

NEXTDOORは、屋外のイベントスペースと、コンテナハウスを利用したゲストラウンジで構成されている。メルセデス・ベンツ日本は、2016年をSUVイヤーと位置付けていることから、NEXTDOOR第1弾として“SUVエクスペリエンス”を期間限定で 2月11日から5月初旬まで開催する。

SUVエクスペリエンスはイベントスペースにおいて、凸凹した岩場を再現したバランスモーグル、岩山をイメージしたクロスヒル、そして最高地点約9m、最大傾斜角約45度のマウンテンクライムの三つのアトラクションが用意され、専任のドライバーによる同乗走行が可能だ。上野氏は、「都内でこのような体験が無料でできるのはここだけだ。一般道をドライブしている限りではありえない、非日常的なプログラムなのでぜひ試してほしい」とコメント。このアトラクションへはオンライン予約も可能である。

また、コンテナハウスのゲストラウンジではイベントごとのテーマに合わせた食事、飲み物が用意される。今回のSUVエクスペリエンス開催時には、「SUVの世界観をイメージし、ココット鍋を使った料理をリーズナブルな価格で楽しんでもらえるほか、SUVエクスペリエンスの限定アイテムの展示、販売もする」とし、ベストカスタマーエクスペリエンス、最高のお客様体験の場であることを強調した。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. ポルシェ 918 スパイダー、米国でリコール…ネジを間違えた

    ポルシェ 918 スパイダー、米国でリコール…ネジを間違えた

  2. VW、サプライヤーと和解…独6工場の生産再開へ

    VW、サプライヤーと和解…独6工場の生産再開へ

  3. 宅急便の荷物受け取り日時を事前に指定---ヤマト運輸のサービス

    宅急便の荷物受け取り日時を事前に指定---ヤマト運輸のサービス

  4. ドバイ警察、今度はポルシェ 918スパイダー をパトカーに配備

  5. ピニンファリーナデザインの高級ルーフボックス、テルッツォが発売

  6. 【エンディング産業展16】オーテック、NV350で葬儀市場の開拓を狙う

  7. 東名EXPASA足柄で「グランピング」…グラマラスなキャンプ

  8. 不二越、価格カルテルでブラジル当局と和解金支払いで合意

  9. 距離と音で知らせる後付けバックガイドセンサー、データシステムより発売

  10. 【エンディング産業展16】光岡自動車の霊柩車…自分が送ってもらいたいと思う車を

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら