メルセデスのブランド体験施設「NEXTDOOR」に込められた意味とは

自動車 ビジネス 国内マーケット

メルセデスベンツコネクションNEXTDOOR
  • メルセデスベンツコネクションNEXTDOOR
  • メルセデスベンツコネクションNEXTDOOR
  • メルセデスベンツコネクションNEXTDOOR
  • メルセデスベンツコネクションNEXTDOOR
  • メルセデスベンツコネクションNEXTDOOR
  • メルセデスベンツコネクションNEXTDOOR
  • メルセデスベンツコネクションNEXTDOOR
  • メルセデスベンツコネクションNEXTDOOR
メルセデス・ベンツ日本が開設したブランド体験施設、“メルセデスベンツコネクションNEXTDOOR”。このネーミングには2つの意味が込められているという。

その意味について、同社代表取締役社長兼CEOの上野金太郎氏は次のように説明する。「ひとつはメルセデスベンツコネクション内で展開しているカフェ&レストラン、UPSTAIRSとDOWNSTAIRSという既存のコンテンツと、隣接するイベント型のブランド体験施設NEXTDOORとの連動性」。もうひとつは、「メルセデス、そしてユーザーにとっても次の時代の扉を開く次世代、次のステージを見据えたブランドを体験してもらえるような施設にしたいという思いが込められている」という。

NEXTDOORは、屋外のイベントスペースと、コンテナハウスを利用したゲストラウンジで構成されている。メルセデス・ベンツ日本は、2016年をSUVイヤーと位置付けていることから、NEXTDOOR第1弾として“SUVエクスペリエンス”を期間限定で 2月11日から5月初旬まで開催する。

SUVエクスペリエンスはイベントスペースにおいて、凸凹した岩場を再現したバランスモーグル、岩山をイメージしたクロスヒル、そして最高地点約9m、最大傾斜角約45度のマウンテンクライムの三つのアトラクションが用意され、専任のドライバーによる同乗走行が可能だ。上野氏は、「都内でこのような体験が無料でできるのはここだけだ。一般道をドライブしている限りではありえない、非日常的なプログラムなのでぜひ試してほしい」とコメント。このアトラクションへはオンライン予約も可能である。

また、コンテナハウスのゲストラウンジではイベントごとのテーマに合わせた食事、飲み物が用意される。今回のSUVエクスペリエンス開催時には、「SUVの世界観をイメージし、ココット鍋を使った料理をリーズナブルな価格で楽しんでもらえるほか、SUVエクスペリエンスの限定アイテムの展示、販売もする」とし、ベストカスタマーエクスペリエンス、最高のお客様体験の場であることを強調した。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 定額クルマ乗り換え放題サービス始まる…IDOMが首都圏で先行リリース

    定額クルマ乗り換え放題サービス始まる…IDOMが首都圏で先行リリース

  2. タクシー初乗り410円、実証実験を都内4か所で実施…8月5日より

    タクシー初乗り410円、実証実験を都内4か所で実施…8月5日より

  3. 【リコール】三菱ふそう スーパーグレードなど、エンジン損傷のおそれ

    【リコール】三菱ふそう スーパーグレードなど、エンジン損傷のおそれ

  4. 三菱 アウトランダー 旧型、米国でリコール…融雪剤の影響で腐食

  5. 三菱ふそう、バス床下の腐食点検を呼びかけ…重大事故のおそれ

  6. 【リコール】ダイハツ タント 80万台、バックドアステー破損で負傷のおそれ…塩害地域は要注意

  7. スバル富士重 吉永社長「今秋の インプレッサ 皮切りに毎年新車を投入」

  8. 【リコール】日野レンジャー など、ターボチャージャ不具合でエンストのおそれ

  9. タクシー業者の実態、台当たり運送収入は上昇も収入総額は減少…帝国データバンク

  10. アルパインと日本IBM、自動運転時代を見据えた次世代車載システムを共同開発へ

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら