メルセデス GLS、米工場で生産開始…GL クラスが大幅改良

自動車 ビジネス 企業動向

米国アラバマ州タスカルーサ工場で生産が始まったメルセデスGLS
  • 米国アラバマ州タスカルーサ工場で生産が始まったメルセデスGLS
  • メルセデス GLS450(ロサンゼルスモーターショー15)
ドイツの高級車、メルセデスベンツは2月11日、米国アラバマ州タスカルーサ工場において、『GLS』の生産を開始した。

GLSは2015年11月、米国で開催されたロサンゼルスモーターショー15で初公開。GLSはメルセデスベンツの大型SUV、『GLクラス』の大幅改良車。メルセデスベンツは2015年から順次、新たなネーミング手法を導入中。大きく変わるのは、SUVの呼び方。すでに、『Mクラス』が『GLE』に、『GLKクラス』が『GLC』に変わった。そしてGLクラスが大幅改良を機に、車名をGLSに変更している。

この呼び方は、メルセデスベンツのサルーン系の中核車種、『Sクラス』、『Eクラス』、『Cクラス』に準じたもの。SUVは頭の「GL」を共通ワードとし、最後の文字で車格を表す。GLSは、Sクラスの車格を備えたSUVを意味する。

GLSのボディサイズは、全長5130×全幅1934×全高1850mm、ホイールベース3075mmと堂々の大きさ。フロントマスクは、GLクラスからグリルやヘッドランプを変更し、最新メルセデスの表情に一新された。LEDテールランプやアルミホイールも新デザイン。

室内は、3本スポークのステアリングホイールや、ダッシュボードのセンターコンソールが新しい。ナビゲーションなどの情報を表示する8インチの新型モニターも装備された。従来通り、3列シートを備える。

2月11日、米国アラバマ州タスカルーサ工場において、GLSの量産第一号車がラインオフ。同工場のジェイソン・ホフ工場長は、「タスカルーサでは、『GLE』と『GLEクーペ』も生産。メルセデスベンツのグローバル生産ネットワークにおけるSUVの中核拠点」と述べている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. レクサス IS、世界累計販売100万台…17年で達成

    レクサス IS、世界累計販売100万台…17年で達成

  2. 【ホンダ NSX 新型】米国で21台を納車 7月

    【ホンダ NSX 新型】米国で21台を納車 7月

  3. チョウチョと遊ぶニャンコたち…こんなデザインのサンシェード

    チョウチョと遊ぶニャンコたち…こんなデザインのサンシェード

  4. いすゞ製観光バスの早期点検を呼びかけ…フロントショック折損のおそれ

  5. 三菱自、アウトランダー の中国現地生産を開始

  6. デンソーの人工知能プロジェクト…ねらいは車載器とIoT

  7. マツダ、初代ロードスターのレストア、パーツ供給を検討

  8. ジヤトコ、軽・小型FF車用「CVT7」の生産が累計1000万台達成…7年1か月

  9. ランボルギーニ青山、エアロダイナミックキット装着の ウラカン を展示…9月3日・4日

  10. 名車切手セット スカイラインGT-R BNR32 を発売へ

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら