メルセデス GLS、米工場で生産開始…GL クラスが大幅改良

自動車 ビジネス 企業動向

米国アラバマ州タスカルーサ工場で生産が始まったメルセデスGLS
  • 米国アラバマ州タスカルーサ工場で生産が始まったメルセデスGLS
  • メルセデス GLS450(ロサンゼルスモーターショー15)
ドイツの高級車、メルセデスベンツは2月11日、米国アラバマ州タスカルーサ工場において、『GLS』の生産を開始した。

GLSは2015年11月、米国で開催されたロサンゼルスモーターショー15で初公開。GLSはメルセデスベンツの大型SUV、『GLクラス』の大幅改良車。メルセデスベンツは2015年から順次、新たなネーミング手法を導入中。大きく変わるのは、SUVの呼び方。すでに、『Mクラス』が『GLE』に、『GLKクラス』が『GLC』に変わった。そしてGLクラスが大幅改良を機に、車名をGLSに変更している。

この呼び方は、メルセデスベンツのサルーン系の中核車種、『Sクラス』、『Eクラス』、『Cクラス』に準じたもの。SUVは頭の「GL」を共通ワードとし、最後の文字で車格を表す。GLSは、Sクラスの車格を備えたSUVを意味する。

GLSのボディサイズは、全長5130×全幅1934×全高1850mm、ホイールベース3075mmと堂々の大きさ。フロントマスクは、GLクラスからグリルやヘッドランプを変更し、最新メルセデスの表情に一新された。LEDテールランプやアルミホイールも新デザイン。

室内は、3本スポークのステアリングホイールや、ダッシュボードのセンターコンソールが新しい。ナビゲーションなどの情報を表示する8インチの新型モニターも装備された。従来通り、3列シートを備える。

2月11日、米国アラバマ州タスカルーサ工場において、GLSの量産第一号車がラインオフ。同工場のジェイソン・ホフ工場長は、「タスカルーサでは、『GLE』と『GLEクーペ』も生産。メルセデスベンツのグローバル生産ネットワークにおけるSUVの中核拠点」と述べている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 三菱自動車、国内シェアは1%にダウン…軽自動車販売75%減など 6月実績

    三菱自動車、国内シェアは1%にダウン…軽自動車販売75%減など 6月実績

  2. 国内外の設計開発に触れながら自分を成長させる場がある ― エンジニアに訊くZFの魅力

    国内外の設計開発に触れながら自分を成長させる場がある ― エンジニアに訊くZFの魅力

  3. 【スバルファンミーティング】BRZ ターボ化の可能性は…「頑張れば2.5Lなら」開発者トークショー

    【スバルファンミーティング】BRZ ターボ化の可能性は…「頑張れば2.5Lなら」開発者トークショー

  4. マツダ藤本常務「アメリカ市場は基本的に厳しいが、踏ん張り時」

  5. マツダ青山執行役員、国内販売大幅減も「正価販売は今後も継続する」

  6. 「フェラーリやってます」輸入車販売のニコル、横浜でモーターショー

  7. パナソニックの第1四半期決算、円高で減収減益も想定通りに推移

  8. スバル富士重、国内外販売好調…総生産台数は8か月連続プラス 6月実績

  9. スズキ、国内販売5か月ぶりのプラス…新型 イグニス など好調 6月実績

  10. ホイールアライメントって何? 調整の必要な理由とは

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら