迫る電力自由化、電気とは関係ない「なりすまし」勧誘にご注意

エンターテインメント 話題

 4月1日よりスタートする「電力小売全面自由化」(電力自由化)。事前申し込み受付を行っている企業も多く、すでに乗り換え先を決定したというユーザーも多いだろう。

 たとえば電力比較サイト「エネチェンジ」や、価格.comの「電気料金プランシミュレータ」では、郵便番号を入力するだけで、簡易に電気料金のシミュレーションや会社の比較検討が可能となっている。また「ソフトバンクでんき」のように、自社に切り替えた場合の料金比較サービスを提供しているサイトもある。

 一方、こうした事業者からの料金発表にともない、検討する人が増えたため、勧誘トラブルなども増加。国民生活センターに対する相談は、2015年4月~6月が16件だったのに、7月~9月は34件、10月~12月は52件と徐々に増加。2016年になってからは、1月~2月9日のほぼ1ヶ月間だけで98件まで増加している。

 その内容としては、
・電気の自由化の話かと思い、業者の話を聞いたら、給湯器の勧誘だった。
・“電力自由化で料金が上がる”とだまされ、太陽光発電システムの取り付け契約をしてしまった。
・電力会社の提携会社と名乗り調査があったが、契約したことになっていないか不安。
・ケーブルテレビ会社が来訪し、1時間以上も勧誘された。
・携帯電話会社から、電力自由化にともない料金見直しを勧めるメールが届いた。
など多岐にわたっている。

 そのため、国民生活センターでは、勧誘トークに気をつけるよう注意をよびかけている。経済産業省の専用ナビダイヤル(TEL:0570-028-555。受付時間平日9時~18時)に問い合わせることで、登録事業者かどうかは確認できる。また契約内容については、電力取引監視等委員会(TEL:03-3501-5725。受付時間平日9時30分~12時、 13時~18時30分。E-mail: dentorii@meti.go.jp)に相談可能。そのほか最寄りの消費生活センター(電話番号188)でも全般的な相談を受け付けている。

電力自由化まで、残り50日……もしトラブったら?

《冨岡晶@RBB TODAY》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

エンターテインメント アクセスランキング

  1. 高いけどほしい! タイプライター風のBluetoothキーボード

    高いけどほしい! タイプライター風のBluetoothキーボード

  2. 年収1000万円以上の6割が朝型、成功者に共通するライフスタイル

    年収1000万円以上の6割が朝型、成功者に共通するライフスタイル

  3. 副業で自分の会社を立ち上げる? 30代独身男の起業法

    副業で自分の会社を立ち上げる? 30代独身男の起業法

  4. 【GARMIN epixJ インプレ前編】登山地形図がプリインストールされたマルチスポーツ対応ウォッチ

  5. 東京五輪まであと何日? 東京都教委が「オリンピック教育」Webサイト開設

  6. 巨人・マイコラスの美しすぎる妻、ライフスタイル本を発売

  7. 【GARMIN Edge 520J インプレ前編】コンパクトさと多機能を両立した定番サイクリングコンピュータの進化系

  8. 【GARMIN fenix 3J HR インプレ前編】装着するだけで心拍数も測れるfenix…多くのアクティビティに対応

  9. 【GARMIN ForeAthlete 225J インプレ前編】心拍計内蔵で利便性が劇的に向上したGPSウォッチの中核モデル

  10. 【GARMIN fenix 3J HR インプレ後編】普段使いからハードなスポーツまで、マルチスポーツ対応GPSウォッチ

アクセスランキングをもっと見る