中部国際空港セントレア、国際線の着陸料を初年度最大無料に

航空 企業動向

中部国際空港セントレアは、新規路線の誘致と既存路線の増強を目的に、着陸料割引制度を拡充すると発表した。

2016年度からの着陸料割引制度では、国際線・国内線で新規路線の開設・増便・機材の大型化で着陸重量が増加した場合、増加分に対する増量割引として1年目が80%割引、2年目が50%割引、3年目が30%割引となる。

また、国際線で増量割引が適用された着陸重量の増加分が、新たな計画に基づき同一日に同一機材により複数回運航されたものによる場合の多頻度運航割引として割引率を20%加算する。

国際線・国内線で割引適用された着陸重量の増加分が、新たな計画に基づき最大離陸重量が130トンを超える大型機材により運航されたものによる場合、大型機材割引として割引率を20%加算する。

多頻度運航割引、大型機材割引が適用された場合の着陸料は、1年目が無料、2年目が70%割引、3年目が50%割引となる。国際線貨物便で新たに2以上の路線を定めて運航する場合、その着陸重量について3年間80%割引する。

国内線で実施している小型機の80%割引は継続する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

航空 アクセスランキング

  1. 川崎重工、C-2 輸送機の量産初号機を航空自衛隊に納入

    川崎重工、C-2 輸送機の量産初号機を航空自衛隊に納入

  2. 【夏休み】エアバス A380 オリジナル紙飛行機を制作する

    【夏休み】エアバス A380 オリジナル紙飛行機を制作する

  3. ボーイング 737 MAX デビューへ…ファンボロー航空ショーで

    ボーイング 737 MAX デビューへ…ファンボロー航空ショーで

  4. ANA、羽田=クアラルンプール線就航…米本土線など羽田発着ダイヤを改正

  5. JAL、「九州ふっこう割」を導入…航空券と宿泊を最大3万円割引

  6. ANA、「九州ふっこう割」活用で最大2万円のクーポン

  7. JAL、国際線と国内線の旅客人数が9カ月ぶりにマイナス…5月

  8. フィリピン航空、ハワイアン航空とのコードシェアを開始へ…ホノルル発着4路線

  9. ボーイング、ベトジェットエアから「737MAX200」100機を正式受注

  10. JAL、新千歳空港に最上級ラウンジ「ダイヤモンド・プレミアムラウンジ」を新設

アクセスランキングをもっと見る