メルセデス・ベンツ日本が“クルマを売らないショールーム”を作る理由

自動車 ビジネス 国内マーケット

メルセデスベンツコネクション NEXTDOOR
  • メルセデスベンツコネクション NEXTDOOR
  • メルセデスベンツコネクション NEXTDOOR
  • メルセデスベンツコネクション NEXTDOOR
  • メルセデスベンツコネクション NEXTDOOR
  • メルセデスベンツコネクション NEXTDOOR
  • メルセデスベンツコネクション NEXTDOOR
  • メルセデスベンツコネクション NEXTDOOR
  • メルセデスベンツコネクション NEXTDOOR
メルセデス・ベンツ日本は、イベント型ブランド体験施設「メルセデスベンツコネクション NEXTDOOR」を東京港区六本木にあるメルセデスベンツコネクションの隣に開設した。

同社は2011年7月、ブランド情報発信拠点メルセデスベンツコネクションを開設した。「最近では自動車メーカーやインポーターによるカフェなどを併設した、“クルマを売らないショールーム”を見かけるようになったが、メルセデスベンツコネクション開設当時は、まだそういった施設がなかったため、珍しい取り組みとして業界内外より多数の問い合わせがあった」と振り返るのは同社代表取締役社長兼CEOの上野金太郎氏。

その後、2013年4月には大阪にもメルセデスベンツコネクションを開設。「東京、大阪合わせて既に約 450万人が来場している」という。両コネクションでは、最新モデルの展示のほか、試乗プログラムであるトライアルクルーズなどを実施。また、レストランでは折に触れてメニューを改定するほか、季節ごとにテーマを決めて館内の装飾を変更したり、イベントを実施したり、「リピーターのユーザーにも常に違ったブランド体験を提供できるよう工夫している」と説明。

メルセデスベンツコネクション東京は間もなく5周年を迎える。上野氏は、「今後、よりベストカスタマーエクスペリエンス、最高のお客様体験に注力していきたいと考え、従来のお客様にはメルセデスをもっと深く知ってもらえるように。そして今までメルセデスベンツコネクションに来たことのない方々にも、興味を持ってもらえる新しい取り組みを検討した」とし、「このたび様々なイベントを通じ、メルセデスを体験してもらえる施設、メルセデスベンツコネクション NEXTDOORを開設する運びとなった」とその背景を語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. ポルシェ 918 スパイダー、米国でリコール…ネジを間違えた

    ポルシェ 918 スパイダー、米国でリコール…ネジを間違えた

  2. ガラス用フィルム施工…国家技能検定を開催 9月1日から受け付け

    ガラス用フィルム施工…国家技能検定を開催 9月1日から受け付け

  3. デンソー、自動運転技術の開発を強化…カーネギーメロン大金出教授が顧問に

    デンソー、自動運転技術の開発を強化…カーネギーメロン大金出教授が顧問に

  4. ドバイ警察、今度はポルシェ 918スパイダー をパトカーに配備

  5. VWの独6工場、稼働を一時停止…サプライヤーとの対立が原因

  6. ピニンファリーナデザインの高級ルーフボックス、テルッツォが発売

  7. 東名EXPASA足柄で「グランピング」…グラマラスなキャンプ

  8. 宅急便の荷物受け取り日時を事前に指定---ヤマト運輸のサービス

  9. VW、サプライヤーと和解…独6工場の生産再開へ

  10. 日本自動車セールス満足度、ラグジュリー部門でレクサスがV10達成…JDパワー

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら