メルセデス・ベンツ日本が“クルマを売らないショールーム”を作る理由

自動車 ビジネス 国内マーケット

メルセデスベンツコネクション NEXTDOOR
  • メルセデスベンツコネクション NEXTDOOR
  • メルセデスベンツコネクション NEXTDOOR
  • メルセデスベンツコネクション NEXTDOOR
  • メルセデスベンツコネクション NEXTDOOR
  • メルセデスベンツコネクション NEXTDOOR
  • メルセデスベンツコネクション NEXTDOOR
  • メルセデスベンツコネクション NEXTDOOR
  • メルセデスベンツコネクション NEXTDOOR
メルセデス・ベンツ日本は、イベント型ブランド体験施設「メルセデスベンツコネクション NEXTDOOR」を東京港区六本木にあるメルセデスベンツコネクションの隣に開設した。

同社は2011年7月、ブランド情報発信拠点メルセデスベンツコネクションを開設した。「最近では自動車メーカーやインポーターによるカフェなどを併設した、“クルマを売らないショールーム”を見かけるようになったが、メルセデスベンツコネクション開設当時は、まだそういった施設がなかったため、珍しい取り組みとして業界内外より多数の問い合わせがあった」と振り返るのは同社代表取締役社長兼CEOの上野金太郎氏。

その後、2013年4月には大阪にもメルセデスベンツコネクションを開設。「東京、大阪合わせて既に約 450万人が来場している」という。両コネクションでは、最新モデルの展示のほか、試乗プログラムであるトライアルクルーズなどを実施。また、レストランでは折に触れてメニューを改定するほか、季節ごとにテーマを決めて館内の装飾を変更したり、イベントを実施したり、「リピーターのユーザーにも常に違ったブランド体験を提供できるよう工夫している」と説明。

メルセデスベンツコネクション東京は間もなく5周年を迎える。上野氏は、「今後、よりベストカスタマーエクスペリエンス、最高のお客様体験に注力していきたいと考え、従来のお客様にはメルセデスをもっと深く知ってもらえるように。そして今までメルセデスベンツコネクションに来たことのない方々にも、興味を持ってもらえる新しい取り組みを検討した」とし、「このたび様々なイベントを通じ、メルセデスを体験してもらえる施設、メルセデスベンツコネクション NEXTDOORを開設する運びとなった」とその背景を語った。
《内田俊一》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品