【大阪オートメッセ16】恒例のSUPER GTコラボ、トークショーやエンジン始動に会場は熱狂

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

今年も大阪オートメッセでSUPER GTマシンを多数展示
  • 今年も大阪オートメッセでSUPER GTマシンを多数展示
  • 今年も大阪オートメッセでSUPER GTマシンを多数展示
  • S Road MOLA GT-R
  • ドラゴ モデューロ NSX CONCEPT-GT
  • KeePer TOM'S RC F
  • S Road MOLA GT-R
  • ドラゴ モデューロ NSX CONCEPT-GT
  • KeePer TOM'S RC F
2月12~14日までインテックス大阪で開催された「大阪オートメッセ2016」。今年もSUPER GTがコラボレーションし、車両展示やトークショーなど様々なイベントで盛り上がった。

今年も「SUPER GT featuring OSAKA AUTOMESSE」としてコラボ。会場のメインゲートにあたる西ゲートを入ってすぐのところに。レクサス、ホンダ、日産の3台のGT500マシンが並べられ、各ブースを回る前に、ここで記念撮影をする来場者の姿が多く見られた。さらに、この展示車両のうちの1台「S Road MOLA GT-R」を使用して各日2回エンジン始動のデモンストレーションを披露。来場者の中には普段サーキットに行かないという方も多く、GT500マシンの迫力あるサウンドに注目を集めていた。

またSUPER GT各ラウンドのイベント広場で開催されている子供向けのカート体験教室も場内で開催され、多くの子供たちが初めてのカート運転に挑戦していた。

メインステージではドライバーや関係者を招いてのトークショーも開催。2日目の13日には昨年チャンピオンの松田次生、今年ホンダ内でチームを移籍した武藤英紀、さらにレクサスからは大嶋和也が出演しSUPER GTの見どころや今年の展望などを語った。早くも4月の開幕に向け、レースの話から普段は聞けない裏話も飛び出し、多くのファンで賑わった。

さらに3日間を通して開幕戦の舞台となる岡山国際サーキットからサーキットクイーンも登場し、4月9・10日の開幕戦に加え3月19・20日に開催されるファン感謝デー&SUPER GT公式テストをPR。その他、館内にもSUPER GTのブースが設けられ、公式サイトで公開されているプロモーションムービーなどが放映。さらにこちらには昨年のGT300チャンピオンマシンであるGAINER TANAX GT-Rも展示された。

この他にもスバルブースでは『BRZ GT300』、OTGブースでもレクサス『RC F GT3』など、様々な場所でGTマシンの展示があったのも、今回のオートメッセの特徴のひとつだった。
《吉田 知弘》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モータースポーツ/エンタメ アクセスランキング

  1. 【ニュル24時間 2016】メルセデス AMG GT3、1‐4位を独占

    【ニュル24時間 2016】メルセデス AMG GT3、1‐4位を独占

  2. 【ロードスター 軽井沢ミーティング16】「MX-5 RF」日本初披露と3つの栄冠報告…過去最高参加者で盛り上がる

    【ロードスター 軽井沢ミーティング16】「MX-5 RF」日本初披露と3つの栄冠報告…過去最高参加者で盛り上がる

  3. 【ニュル24時間 2016】昨年の覇者、アウディ R8 は8位…「結果に失望」

    【ニュル24時間 2016】昨年の覇者、アウディ R8 は8位…「結果に失望」

  4. 【ニュル24時間 2016】日産 GT-R、総合11位…日本車で最上位

  5. 【ニュル24時間 2016】クラス2連覇のスバル、パブリックビューイングでも歓喜の輪

  6. 【ニュル24時間 2016】スバル WRX STI、クラス2連覇を達成

  7. 【新聞ウォッチ】日産の役員報酬、ゴーン社長11億円? 9人の総額は15億3500万円

  8. 【第100回 INDY500】新人ロッシ優勝…ホンダ勢の今季シリーズ戦初勝利が最大舞台で実現

  9. 【ニュル24時間 2016】初参戦のレクサスRC F、総合24位

  10. ロードスター・パーティレースIII、西日本シリーズが開幕

アクセスランキングをもっと見る