【マツダ デミオ 15MB 試乗】かなり硬派な走り屋仕様のデミオ…中村孝仁

試乗記 国産車

マツダ デミオ 15MB
  • マツダ デミオ 15MB
  • マツダ デミオ 15MB
  • マツダ デミオ 15MB
  • マツダ デミオ 15MB
  • マツダ デミオ 15MB
  • マツダ デミオ 15MB
  • マツダ デミオ 15MB
一昨年のカーオブザイヤーに輝いた『デミオ』。つい先ごろ、早くもマイナーチェンジが施されたのだが、それは別の機会で報告するとして、今回紹介するのは贅肉をそぎ落とし、走りに徹した「15MB」である。

15は排気量。そしてその後ろに付くMBは「モータースポーツ・ベース」の略だそうである。つまり、本来の使用目的はあくまでもこのクルマを使ってモータースポーツを楽しみたいユーザーに向けて作られたもので、公道走行は二の次。勿論公道を走行するための装備は最低限すべて揃っているから、そのままナンバーを付ければ一般道の走行はできる…という類のモデルだ。

エンジンはこのクルマ専用の1.5リットル直噴ガソリンユニットで、116ps/6000rpm、148Nm/4000rpmという性能を持つ。ラインナップモデルのガソリンエンジンは1.3リットルで、それぞれ92ps、121Nm(発生回転数はともに同じ)だから、ともに25%前後アップした性能となっている。しかも1.3リットル車と比較しても20kgほど軽い1010kgに収まっているのだ。

そこには例えばマツダコネクトの代わりに普通のAM/FMラジオを装備したり、エアコンをマニュアル化したり、さらにはリアシートは分割可倒ではなく一体可倒式にしたりと、モータースポーツには必要ないものを極力簡略化して最低限公道を走るためにダウングレードさせた仕様とされている。ステアリングだって革巻きではなくウレタン製だ。

あくまでもベース車両。どうせ本気でモータースポーツやるなら全部取り換えちゃうでしょ?ということか、サスペンションなどは1.3リットル車と同じで、要はエンジンだけがサイズアップされているのだ。因みに同じ1.5リットルだが、『ロードスター』のエンジンではない。もう一つ付け加えるとトランスミッションは6MTのみの設定で(当たり前か)、燃料はハイオク指定である。

肝心の走りはというと、軽さも手伝って十分に軽快かつトルクフルな走りを一般道でも楽しめることが分かった。残念ながら短時間の試乗で、しかも首都高、一般道のみの走行だったので、起伏のあるワインディングはほとんど走っていない。果たして148Nmの最大トルクが山坂でどのように走ってくれるかはわからずじまいだが、平坦な道路を走る限りかなり1.3リットルよりはトルクフルに感じられたので、山坂でもそれほど心配する必要もなさそうであった。

足に関しては言わずもがなで、1.3リットルと何ら変わらないのだから、乗り心地に関しては差異を発見できなかった。個人的にデミオディーゼルを所有しているが、ディーゼルと比べるとやはり走りは軽快。もっさりとしたところがどこにもないから、やはりアスリート的である。

装備を落としているのでお値段の方もMT装備の1.3リットルの一番安いモデル、145.8万円に対し、150万1200円とごく僅かのアップでしかない。だから、まあ手を出しやすいと言えば出しやすい。

想定されるモータースポーツはダートラやラリーなどらしい。果たして今の若者が、いきなり新車を買ってこの種のモータースポーツに参戦するかどうか知らない。少なくとも僕自身が若い頃、この種のモータースポーツに参戦する時はほぼ決まって中古がベースだった。だから、マーケティング的にこの仕様が売れるかといえば、甚だ疑問である。むしろハードボイルドな高性能デミオとして、より高価でも装備満載で足もチューンしたロードカーに仕立てた方がよかったようにも感じられる。それらしい、例えばRSというような名前を付けて…。

■5つ星評価
パッケージング ★★★★
インテリア居住性 ★★★★
パワーソース ★★★★
フットワーク ★★★★
おすすめ度 ★★★

中村孝仁(なかむらたかひと)AJAJ会員
1952年生まれ、4歳にしてモーターマガジンの誌面を飾るクルマ好き。その後スーパーカーショップのバイトに始まり、ノバエンジニアリングの丁稚メカを経験し、その後ドイツでクルマ修行。1977年にジャーナリズム業界に入り、以来38年間、フリージャーナリストとして活動を続けている。
《中村 孝仁》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

試乗記 アクセスランキング

  1. 【BMW M2クーペ 試乗】BMWヘリテージモデルと比較される、エッセンスが凝縮された1台…中村孝仁

    【BMW M2クーペ 試乗】BMWヘリテージモデルと比較される、エッセンスが凝縮された1台…中村孝仁

  2. 【DS 3 試乗】ツウ好みの痛快な走り、相変わらず…島崎七生人

    【DS 3 試乗】ツウ好みの痛快な走り、相変わらず…島崎七生人

  3. 【シボレー コルベット Z06 試乗】アクセル“ひと踏み“100km/hオーバー、最強のアメリカンV8…桂伸一

    【シボレー コルベット Z06 試乗】アクセル“ひと踏み“100km/hオーバー、最強のアメリカンV8…桂伸一

  4. 【ホンダ ジェイドRS 800km試乗 後編】ニッチ過ぎる立ち位置、ライバルは「レヴォーグ」か…井元康一郎

  5. 【BMW M5 試乗】噂には聞いていたが、この過激さは「化け物」…中村孝仁

  6. 【メルセデスベンツ GLC 試乗】700万円オーバーも Cクラスワゴン と比べれば割安…松下宏

  7. 【ホンダ ジェイドRS 800km試乗 前編】人馬一体を感じさせる足回り、ハイブリッドとの違い顕著に…井元康一郎

  8. 【トヨタ プリウス 試乗】E-Fourの走りはシリーズ&歴代最高…島崎七生人

  9. 【BMW 330e 試乗】走りの質感はBMW、だが高めの価格が壁になる…松下宏

  10. ホンダ シャトル で6泊7日の車中泊、フルフラットでぐっすり睡眠

アクセスランキングをもっと見る