弱虫だ~れだ? ディズニー/ピクサー歴代キャラの“ビビリ顔”まとめ

エンターテインメント 映画・ドラマ・映像作品

 ディズニー/ピクサーの最新作「アーロと少年」の公開を前に、「トイ・ストーリー」「モンスターズ・インク」などピクサー歴代キャラクターたちの”ビビリ顔”が公開された。

 3月12日に公開される「アーロと少年」は、弱虫な恐竜アーロが人間の少年スポットと共に大冒険を繰り広げる物語。小さな虫にもビビってしまう主人公のアーロは”ピクサー史上最も弱虫”と言われるが、実はピクサーの歴代キャラクターたちにもビビッてしまう瞬間がたくさんあったという。

 「トイ・ストーリー」のウッディとバズは、アンディが乗っているトラックを追いかける時に思わずビビリ顔。車が行き交う道路の真ん中で必死の形相を見せている。「モンスターズ・インク」のサリーとマイクがビビってしまったのは、モンスターの世界に迷い込んだ人間の女の子ブーを、他のモンスターたちから守るために逃走するシーン。特にマイクは、迫りくるモンスターたちに驚いた様子だ。「ファインディング・ニモ」ではニモの父マーリンが、ドリーとの冒険中に出くわした”猛毒クラゲ”の大群にビビリ顔を見せていた。

 これら全ての作品に共通しているのは“困難や怖さを親友と一緒に乗り越えたからこそ絆が深まる”こと。「アーロと少年」を手がけたピーター・ソーン監督も、「アーロは友情のために恐怖心を乗り越えていくんだ」と話す。少年スポットとは言葉が通じないアーロだが、一緒に冒険する中で初めての友情を知り、絆を深めていくという。

 感動のアドベンチャー・ファンタジー「アーロと少年」は3月12日に公開。

ディズニー/ピクサー歴代作品の「怖さを乗り越える友情」

《木村@RBB TODAY》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品