【キャンピングカーショー16】「ノア」ベースに“まち旅”楽しむキャンパー…東海特装車

自動車 ビジネス 国内マーケット

東海特装車 Cross City Capsule(キャンピングカーショー2016 )
  • 東海特装車 Cross City Capsule(キャンピングカーショー2016 )
  • 東海特装車 Cross City Capsule(キャンピングカーショー2016 )
  • 東海特装車 Cross City Capsule(キャンピングカーショー2016 )
  • 東海特装車 Cross City Capsule(キャンピングカーショー2016 )
  • 東海特装車 Cross City Capsule(キャンピングカーショー2016 )
  • 東海特装車 Cross City Capsule(キャンピングカーショー2016 )
  • 東海特装車 Cross City Capsule(キャンピングカーショー2016 )
  • 東海特装車 Cross City Capsule(キャンピングカーショー2016 )
千葉県の幕張メッセで11日から14日まで開催中の「ジャパンキャンピングカーショー2016」で、東海特装車が、トヨタ『ノア』をベースとした「Cross City Capsule」を出展した。

東海特装車はトヨタ車体の関連会社として、会社名の通り保冷車やコンテナ車、福祉車両やキャンピングカーなどの特装車両を製作している会社だ。キャンピングカーも製作しており、新たなジャンルを切り開くために開発したのが、今回出展した「Cross City Capsule」となる。

「街と街を繋いで、気ままにまち旅を楽しむ」をコンセプトに開発。ペットも一緒に旅をできるようにと専用ゲージも開発し、車内で一緒に旅を楽しめるようになっている。ノアをベースにしたのは、取り回しの良さや女性でも簡単に運転できるようにとのことだ。乗車定員が4名、就寝定員は2名となり2段ベッドにすることで、就寝スペースの確保と2人の適度な距離を確保するのにも役立っている。

下段にはペットゲージの収納スペースと荷物の収納スペースとなっている。新規に開発したセカンド&サードスペースは完全収納が可能で、大きな荷物を積むことも考えられている。リアゲート下には格納式テーブルも用意し、目的地に着いたらテーブルを広げティータイムを楽しむことも可能だ。

東海特装車技術部長の矢野登氏によると、「今までのキャンピングカーとは違い、都会的なシティユーザーに使ってもらえるようなキャンピングカーを目指しました。都会的で清潔感あるスタイルをデザインしました。反響もとても多くいただいているので、今回は参考出品ですが市販化も目指していきたいと思います」と語った。
《雪岡直樹》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 三菱自動車、国内シェアは1%にダウン…軽自動車販売75%減など 6月実績

    三菱自動車、国内シェアは1%にダウン…軽自動車販売75%減など 6月実績

  2. マツダ青山執行役員、国内販売大幅減も「正価販売は今後も継続する」

    マツダ青山執行役員、国内販売大幅減も「正価販売は今後も継続する」

  3. マツダ藤本常務「アメリカ市場は基本的に厳しいが、踏ん張り時」

    マツダ藤本常務「アメリカ市場は基本的に厳しいが、踏ん張り時」

  4. スバル富士重、国内外販売好調…総生産台数は8か月連続プラス 6月実績

  5. ホイールアライメントって何? 調整の必要な理由とは

  6. 国内外の設計開発に触れながら自分を成長させる場がある ― エンジニアに訊くZFの魅力

  7. 「フェラーリやってます」輸入車販売のニコル、横浜でモーターショー

  8. パナソニックの第1四半期決算、円高で減収減益も想定通りに推移

  9. 【リコール】UDトラックス クオン、謎の自動ブレーキ…プログラム不具合だった

  10. 【スバルファンミーティング】BRZ ターボ化の可能性は…「頑張れば2.5Lなら」開発者トークショー

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら