人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

ガレージ一体で災害対応…電動バイクへ充電できる蓄電システム

自動車 ビジネス 国内マーケット

 三英社製作所は、パシフィコ横浜で5日まで開催されていた「第20回 震災対策技術展 横浜」にて、「独立型ソーラー蓄電システム」の展示を行った。

 同システムはソーラーパネルで容量4kWhのバッテリーに蓄電し、災害時には防災拠点や企業のBCP対策に、通常時は省エネかつ環境にやさしい電源として活用するというもの。4kWhという大容量なので芝刈り機や電動農工器具、工事現場の工具用電源などさまざまな用途に活用できる。電力はすべて太陽光発電でまかなうため場所を選ばず設置可能だ。

 例えば、避難所や避難場所周辺の備蓄倉庫に設置しておけば、災害時や停電時に電源供給ができるほか、町内会や自治体などが管理する資材倉庫に設置すれば、平時は芝刈り機や工具の充電に使い、いざという時は非常用電源として活用することができる。

 また、ブースではカスタマイズ例として、同システムと電動バイク、ガレージを組み合わせ、電動バイクを「災害対応車両」として活用する「防災ガレージ」の提案展示も行われていた。東日本大震災の際には、深刻なガソリン不足が発生したが、これならガソリンがなくても機動力を確保することができる。

 電動バイク以外に電動アシスト自転車・電動農機具・電動除雪機など、用途に合わせたカスタマイズも可能だ。システム電圧は24V、電池容量は4kWh。出力はAC100V(最大1200W)、USB(5V・2A)、電動バイクの充電はDC48V。ソーラーパネルの発電容量は795W(265W×3枚)。

電動バイクへ充電もできる独立型ソーラー蓄電システム&防災ガレージ

《防犯システム取材班/小菅篤@RBB TODAY》

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 日産、下げ止まらない国内販売シェア 第1四半期決算

    日産、下げ止まらない国内販売シェア 第1四半期決算

  2. マツダ、世界生産台数が5年連続プラス 2016年上半期実績

    マツダ、世界生産台数が5年連続プラス 2016年上半期実績

  3. トミカ、初の充電式自動走行モデルを発売

    トミカ、初の充電式自動走行モデルを発売

  4. 【リコール】日産 NV350 キャラバン など9万台、駐車ブレーキが効かなくなるおそれ

  5. 三菱自 池谷副社長、「7月の軽自動車受注は前年の2倍近くに」

  6. スバル富士重、グローバル生産が5年連続で過去最高 2016年上半期実績

  7. 小学生が車を塗装…夏休みイベントをBASFがサポート

  8. 三菱自、燃費データ不正問題が響き国内シェア2.0%に低下 2016年上半期実績

  9. ホンダ、世界生産台数が全半期を通じ過去最高を記録 2016年上半期実績

  10. コマツ、ICT後方超小旋回油圧ショベルを発売…i-Construction対応

アクセスランキングをもっと見る