【スマート フォーフォー 試乗】飄々と、より自動車らしく…島崎七生人

試乗記 輸入車

スマート フォーフォー パッション
  • スマート フォーフォー パッション
  • スマート フォーフォー パッション
  • スマート フォーフォー パッション
  • スマート フォーフォー パッション
  • スマート フォーフォー パッション
  • スマート フォーフォー パッション
ずいぶん自動車らしくなった…が第一印象。新しい4ドア版は、『スマート』らしい飄々としたキャラはそのままに、合理的に実用性をカタチにしたクルマに仕上げられてきた。

2トーンの外観は遠くからでも『スマート』とわかるデザイン。けれど立派なグリルが与えられた顔立ちは、子犬が一丁前の成犬にみせようとしているみたいで微笑ましい。世の中にコンパクトカーは多いが、今度の『スマート』は他車の横に並んでも、キチンと(?)立派に見える。カタログを見るとボディ色に白×白の設定があり、これなどは普通のコンパクトカーに“なりすまして”みえる。

室内もグンとグレードアップした。見るとインパネは布張りで、シンプルだが風合いにもこだわっているし、太めの革巻きステアリングホイールが奢られているのは驚きだ。

後席はスペース、シートサイズとも大人には多少小さめ。『フィアット500』の後席より少しマシでドアが付いているのが幸せ…といったところ。

乗り味は、一般道、高速を通して安定感、快適性はまずまずといったところか。3気筒の999ccエンジンには、贅沢にも6速ダブルクラッチトランスミッションが組み合わせられており、変速ショックなしで爽快な加速が得られている。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★


島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年よりフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。
《島崎七生人》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

試乗記 アクセスランキング

  1. 【トヨタ プレミオ / アリオン 試乗】フルモデルチェンジならばもっと良かった…松下宏

    【トヨタ プレミオ / アリオン 試乗】フルモデルチェンジならばもっと良かった…松下宏

  2. 【トヨタ エスティマ 試乗】10年も経ったらフルモデルチェンジが当然…松下宏

    【トヨタ エスティマ 試乗】10年も経ったらフルモデルチェンジが当然…松下宏

  3. 【マツダ アクセラ 試乗】「気がつかないけれど、効いている」人馬一体への進化…高山正寛

    【マツダ アクセラ 試乗】「気がつかないけれど、効いている」人馬一体への進化…高山正寛

  4. 【プジョー308 ディーゼル 試乗】スムーズにしてトルクフル、時代にマッチした1.6ディーゼル…諸星陽一

  5. 【レクサス LX 試乗】何とも古くさい乗り心地は価格に見合うのか…松下宏

  6. 【メルセデスベンツ Eクラス 試乗】 世界最高の先進技術満載は間違いないのだけど…中村孝仁

  7. 【レヴォーグ STIスポーツ 試乗】1.6リットルモデルという賢い選択肢…諸星陽一

  8. 【ボルボ V40 試乗】数値にあらわれないブラッシュアップを感じる…中村孝仁

  9. 【ルノー カングー 800km試乗】1.2L+6MT、欠点さえも魅力と思わせる「これぞフランス車」…井元康一郎

  10. 【ホンダ シャトル ハイブリッド 試乗】走り、内装の質感でオススメは「ハイブリッドX」…青山尚暉

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら