【ホンダレーシング】16年の4輪世界戦線と若手育成…GP2に松下信治、GP3には福住仁嶺が参戦

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

今年もホンダ系の若手有望株、松下信治がGP2に参戦する。
  • 今年もホンダ系の若手有望株、松下信治がGP2に参戦する。
  • 昨年のGP2ハンガリー戦、第2レースで松下(中央)は初優勝を達成した。左は当時の僚友バンドーン。
  • 松下の今季カーナンバーは1になる模様(昨季は6だった)。
  • 昨年は全日本F3を戦っていた福住(中央)が、今季は欧州のGP3に参戦する。
  • 昨年の全日本F3で福住はシリーズ4位に食い込んだ。
  • 佐藤琢磨は今年もインディカーが主戦場だ。
  • 琢磨は今年もAJ.フォイト陣営で走る。
  • ホンダは2月12日に国内の今季モータースポーツ活動についての発表会を実施。そのなかで世界戦線や若手育成についても概要が報告された。
ホンダは12日に今季の2輪&4論国内モータースポーツ活動の概要を発表。そのなかで今季の世界戦線および若手育成、モータースポーツ普及活動、鈴鹿ともてぎでのレース開催計画等についても概要を明らかにしている。

4輪の海外トップ戦線であるF1、WTCC(世界ツーリングカー選手権)、そして米国インディカー・シリーズについては基本的に既出の内容の確認ということになるが、まずF1は今季もマクラーレンのみにパワーユニット供給を行ない、05&06年チャンピオンのフェルナンド・アロンソ、09年チャンピオンのジェンソン・バトンという布陣で、“第2次マクラーレン・ホンダ”の2年目に臨む。昨年のような辛いシーズンにはならないことを多くのファンが期待しているのは、言うまでもないところである。

WTCCには「Castrol Honda World Touring Car Team」の2台と、別チーム(チーム名未定)からの1台による計3台の「シビック WTCC」が挑戦。ドライバーはCastrolがT.モンテイロと新加入のR.ハフで、もう1台がN.ミケリスになる。ハフは12年のWTCCチャンピオンだ。

インディカー・シリーズには米国のHPD社(ホンダ・パフォーマンス・ディベロップメント)が今年もエンジン供給を行なう。6チーム11台の予定で、佐藤琢磨は引き続きAJ.フォイト陣営からの参戦。

若手育成の「Honda フォーミュラ・ドリーム・プロジェクト」(HFDP)を通じては、F1への最大の登竜門とされる欧州のGP2シリーズに今季も松下信治(のぶはる)を送り込む。松下は参戦初年度だった昨年、チャンピオンとなるS.バンドーン(今季スーパーフォーミュラ参戦)と同じART Grand Prixというチームで戦い、1勝をあげる活躍を見せた。今季も同チームでカーナンバー1をつけて戦うとのこと、現時点でF1最短距離にいる若手日本人選手として大いに期待したい。

さらに今年はGP2の次位にあたるカテゴリー、GP3にもホンダ系の若手日本人選手が参戦する。昨年の全日本F3シリーズ4位の福住仁嶺(にれい)がGP2の松下同様、ART Grand PrixでGP3を戦う。福住は昨年末にGP3のテストに参加しており、その時点で彼の今季GP3参戦は松下のGP2継続とともにほぼ規定路線だった。現在の欧州の王道となりつつあるコースをここ(GP3)から辿っていけるかどうか、福住の今後にも要注目である。

全日本F3選手権と、昨年からSUPER GT国内大会のサポートレースとして日本でも始まったFIA-F4、これらにおいてもHFDPは活動を展開、若き才能を支援する。全日本F3にはHFDPレーシングと戸田レーシングの2チームから計3名の参戦で、石川京侍(けいし)、大津弘樹、牧野任祐(ただすけ)といった面々。石川は昨季に続くF3挑戦、大津と牧野はFIA-F4上位ランカーとしてステップアップを果たすかたちになる。

FIA-F4にも3名が参戦。上村(かみむら)優太、石坂瑞基、阪口晴南(せな)である。阪口は1999年生まれの16歳、昨年の全日本カートKFクラスチャンピオンだ(昨年のFIA-F4にも参戦経験あり)。

モータースポーツ普及活動の面では、「N-ONE OWNER'S CUP」や「Honda エコ マイレッジ チャレンジ 2016」等を展開。また、ホンダのモータースポーツや製品を「見て、遊んで、体感する」イベントで、スーパーフォーミュラ開催時のグランドスタンド裏方面での実施も多い「Enjoy Honda」を今年も全国で開催する。

その他、モビリティランドの運営による鈴鹿サーキット、ツインリンクもてぎの両国際サーキットではF1日本GP(鈴鹿/10月7~9日)、WTCC日本ラウンド(もてぎ/9月2~4日)を筆頭に多くのレースを開催。シーズンエンド恒例のファンイベント「Honda Racing THANKS DAY」は12月4日にもてぎで実施される予定だ。
《遠藤俊幸》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モータースポーツ/エンタメ アクセスランキング

  1. スーパーカー4台がトーナメントで激突! 勝負の行方は…[動画]

    スーパーカー4台がトーナメントで激突! 勝負の行方は…[動画]

  2. 隅田川花火大会、首都高速が一部通行止め 7月30日

    隅田川花火大会、首都高速が一部通行止め 7月30日

  3. 【鈴鹿8耐】優勝候補ヤマハのローズが転倒…公式予選1回目

    【鈴鹿8耐】優勝候補ヤマハのローズが転倒…公式予選1回目

  4. 【鈴鹿8耐】歴代Ninjaが集結…カワサキ特別展をGPスクエアで開催中

  5. 【鈴鹿8耐】ヤマハ・ファクトリーが唯一の2分06秒台で予選トップタイムを記録

  6. 【鈴鹿8耐】ピットウォークではニッキー・ヘイデンに長蛇の列

  7. 【鈴鹿8耐】熊本から3チームが参戦「被災地での明るい話題になれば嬉しい」

  8. ホンダ NSX 新型のGT3レーサー、初の公開テストへ

  9. 【鈴鹿8耐】4耐は“ライト版8耐”ではない…17歳ライダーが見せた「魂の完走」

  10. 美しすぎるレーシングドライバー、塚本奈々美さんのドリフトに密着[動画]

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら