ジャガー・ランドローバー、自動運転研究プロジェクト「MOVE-UK」に出資

自動車 ビジネス 企業動向

ジャガー XE
  • ジャガー XE
  • ランドローバー ディスカバリースポーツ
ジャガー・ランドローバーは1日、自動運転車両の研究プロジェクト「MOVE-UK」に出資すると発表した。

ジャガー・ランドローバーは現在、職員が車両を毎日運転し、渋滞、混雑した交差点、道路工事、悪天候など、実社会の運転状況に対するさまざまなドライバーの反応を検証している。車両に搭載されたセンサーが収集したデータから、複雑でストレスがかかる状況などで、ドライバーが行う自然な運転操作と判断について明らかにする。例えば、ロータリーや交差点で道を譲る、交差点で車の流れに入るために減速する、渋滞中に車両後方から緊急車両が接近してきた際の対応などが 調査に含まれている。

将来の自動運転車両に関連する車両保険の構築を目的とした「MOVE-UK」プロジェクトにおいても、このデータが使用される予定。3年間で550万ポンド(約8億9650万円)を投じるこのプロジェクトのため、保険会社の専門家が、実走テスト車両から取得したデータを使用して、特定の状況における責任の所在に関して専門知識を提供する。

ジャガー・ランドローバーのリサーチ&テクノロジー担当ディレクターであるウルフガング・エップル博士は、「自動運転車両の導入を進めるには、これまで以上にドライバーの行動に注目する必要がある。将来的に自動運転車両の受け入れを求めるならば、現実社会で遭遇するダイナミックで偶発的な状況に、ドライバーがどのように対応しているかを理解することが不可欠」と説明する。

ジャガー・ランドローバーは、自動運転システムを選択し、採用するには、ドライバーの車両に対する絶大な信頼が必要とし、自動運転車両が人間と同様の対応をするようにプログラミングできれば、自動運転走行体験もより自然なものとなり、ドライバーは車両に操縦を委ねることができるようになるとしている。

「MOVE-UK」コンソーシアムは、ボッシュが主導するプロジェクトで、ジャガー・ランドローバー、英国交通研究所(TRL)、ダイレクトライン、グリニッジ・ロンドン特別区およびザ・フローが参加している。
《関 航介》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 米国高級車販売、メルセデスが首位…レクサスとBMW抑える 7月

    米国高級車販売、メルセデスが首位…レクサスとBMW抑える 7月

  2. 日本自動車セールス満足度、ラグジュリー部門でレクサスがV10達成…JDパワー

    日本自動車セールス満足度、ラグジュリー部門でレクサスがV10達成…JDパワー

  3. 自動車用ソーラーパワー換気扇、車内の温度上昇を抑制

    自動車用ソーラーパワー換気扇、車内の温度上昇を抑制

  4. パナソニック、業界最高容量のアイドリングストップ車用バッテリーを発売…寿命は1.8倍

  5. 震災から4か月、ホンダ熊本製作所 完全復旧までの道のり

  6. アウディジャパン、Q3 3車種の価格を10万円引き下げ

  7. 三菱自の燃費不正対象車両、検索システムで一部リスト漏れ

  8. VWの独6工場、稼働を一時停止…サプライヤーとの対立が原因

  9. サスペンションが慣性エネルギーを電力に変換…アウディが開発

  10. 国内初のリチウムイオンバッテリー搭載フォークリフト、トヨタL&Fが発売

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら