当て逃げの女を書類送検、睡眠導入剤を多量に服用して運転か

自動車 社会 社会

昨年11月、島根県松江市内の自動車専用道で発生した当て逃げ事件について、島根県警は9日、同市内に在住する31歳の女を道路交通法違反(事故不申告など)の容疑で書類送検した。事故当時は規定量以上の睡眠導入剤を服用していたとみられる。

島根県警・高速隊によると、問題の事故は2015年11月15日の午前9時55分ごろ発生している。松江市西尾町付近の自動車専用となっている国道485号(松江だんだん道路)の上り線、和久羅トンネルを軽乗用車が逆走。順走してきたクルマ2台と次々に接触し、そのまま逃走した。

車両は小破したが、人的な被害はなく、警察では当て逃げ事件として捜査を開始。容疑車両のものとみられるドアミラーの破片から車種を特定し、車当たり捜査を行った結果、同市内に在住する31歳の女が容疑に関与したものとみて任意で事情を聞いていた。

女のクルマは事故現場付近まで約1.5kmに渡って逆走をしていたが、女は「逆走していたという記憶がない」などと供述。さらに調べを進めたところ、女は事故の直前に睡眠導入剤を規定量を超えた状態で服用。事故当時は意識朦朧の状態だったこともわかった。

警察は女を道交法違反(右側通行、事故不申告)容疑で書類送検するとともに、事故当時は薬物影響によって正常に運転できる状態ではなかったものとみて、過労運転容疑でも調べを進めている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 社会 アクセスランキング

  1. 高速新料金、導入で首都圏の渋滞損失時間が1割減

    高速新料金、導入で首都圏の渋滞損失時間が1割減

  2. 地震活動1000回以上、年間発生回数を半月で...熊本地震

    地震活動1000回以上、年間発生回数を半月で...熊本地震

  3. 貸切バス事業者の運行管理者、態勢強化し、責任重く...軽井沢スキーバス事故対策検討委員会

    貸切バス事業者の運行管理者、態勢強化し、責任重く...軽井沢スキーバス事故対策検討委員会

  4. 九州の高速道路、無料化を検討...国交省

  5. タクシーへ追突する事故を故意に起こし、仲間が売上金を盗み出す

  6. 車線変更してきたクルマと接触、バス車内で転倒の5人負傷

  7. 『ETC 2.0』普及へ前進、経路別の料金優遇などサービス具体化へ

  8. 走行460万kmのメルセデスベンツ!! 博物館に寄贈

  9. 【ロードサービス徹底比較】JAF vs 11社…かしこい選択は?

  10. 熊本地震、今後の備えは「三段構え」で...気象庁

アクセスランキングをもっと見る