【キャンピングカーショー16】ホンダ ホビオ フレックス コンセプト、アレンジ多彩な活動基地

自動車 ニューモデル モーターショー

ホビオ フレックス コンセプト(キャンピングカーショー16)
  • ホビオ フレックス コンセプト(キャンピングカーショー16)
  • ホビオ フレックス コンセプト(キャンピングカーショー16)
  • ホビオ フレックス コンセプト(キャンピングカーショー16)
  • ホビオ フレックス コンセプト(キャンピングカーショー16)
  • ホビオ フレックス コンセプト(キャンピングカーショー16)
  • ホビオ フレックス コンセプト(キャンピングカーショー16)
  • ホビオ フレックス コンセプト(キャンピングカーショー16)
  • ホビオ フレックス コンセプト(キャンピングカーショー16)
ホンダは、千葉県の幕張メッセで11日から14日まで開催される「ジャパンキャンピングカーショー2016」に、『ホビオ フレックス コンセプト』を出展した。

同車は、『バモス ホビオ』をベースとし、趣味や仕事のニーズに1台で柔軟に応える「活動基地」として提案するモデルだ。

バモス ホビオは、ボディに無加工でボルトを固定することの出来る「ユーティリティナット」、ものを固定するための「タイダウンフック」などの多くの収納機能や、カーゴスペースをアレンジするための機能を装備している。アタッチメントやパイプ、ラックなどを組み合わせることで自分だけのスタイルを作り出すことが可能だ。

同コンセプトカーは、ボディカラーをマッドな質感のイエローとブラックで塗り分けることで、ヘビーデューティーな印象を与える。車内に敷かれたフローリング風のマットのおかげで、リアハッチを開けるとちょっとしたウッドデッキのような空間を楽しむことが出来る。

車内の広さは、大人2人が充分に寝られるスペースを確保。さらに、ルーフキャリアも備えることで積載スペースを稼いでいる。同コンセプトカーでは、同社開発の最大500Wの電気が供給できるハンディタイプの蓄電機「E500」を積載することで、電気の使用も可能となっている。
《徳田龍磨》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【トヨタ プリウスPHV 新型】大型部品のバックドアに炭素繊維強化樹脂を採用

    【トヨタ プリウスPHV 新型】大型部品のバックドアに炭素繊維強化樹脂を採用

  2. 【ホンダ NSX 新型】日本車最高値の2370万円、ポルシェ 911ターボ も超えた

    【ホンダ NSX 新型】日本車最高値の2370万円、ポルシェ 911ターボ も超えた

  3. VWの新型SUV、車名は「トラモント」か…中国メディアがスクープ

    VWの新型SUV、車名は「トラモント」か…中国メディアがスクープ

  4. 【トヨタ プリウスPHV 新型】世界初の駆動用ソーラー充電搭載…1日最大6.1km走行分を発電

  5. 【トヨタ プリウスPHV 新型】航続60km以上、最高速135km/hに…豊島チーフエンジニア「EVの走りをはっきりと」

  6. 【ホンダ NSX 新型】展示は販売店以外で…羽田空港、表参道ヒルズはじめ、名古屋、大阪でイベント

  7. 【ホンダ NSX 新型】八郷社長「車がただの道具になってもらっては困る」

  8. 【ホンダ NSX 新型】開発責任者クラウス氏「競合車はない。これははっきりしている」

  9. ポルシェ カイエン 次期型、“ランデブー”高地テストを激写

  10. ランドローバー ディスカバリースポーツ、2017年モデルの受注開始

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら