【キャンピングカーショー16】レンタルで気軽にキャンパーを楽しむ…オリックス自動車が初出展 | レスポンス(Response.jp)

【キャンピングカーショー16】レンタルで気軽にキャンパーを楽しむ…オリックス自動車が初出展

自動車 ニューモデル モーターショー

オリックス自動車 レンタルキャンピングカー(キャンピングカーショー16)
  • オリックス自動車 レンタルキャンピングカー(キャンピングカーショー16)
  • オリックス自動車 レンタルキャンピングカー(キャンピングカーショー16)
  • オリックス自動車 レンタルキャンピングカー(キャンピングカーショー16)
  • オリックス自動車 レンタルキャンピングカー(キャンピングカーショー16)
  • オリックス自動車 レンタルキャンピングカー(キャンピングカーショー16)
  • オリックス自動車 レンタルキャンピングカー(キャンピングカーショー16)
  • オリックス自動車 レンタルキャンピングカー(キャンピングカーショー16)
  • オリックス自動車 レンタルキャンピングカー(キャンピングカーショー16)
オリックス自動車は、幕張メッセで11日から14日まで開催される「ジャパンキャンピングカーショー2016」に、レンタルキャンピングカーを初出展した。

同社は2015年4月にキャンピングカー貸出専用の「オリックスレンタカー霞が関ビルディングカウンター」を設置。キャンピングカーのレンタルサービスを開始した。

同社の広報担当 矢崎陽子氏によると、カップルや家族でのレジャー利用や、キャンピングカーの購入を考えている人に非常に人気があるという。汚してしまっても自分で掃除をしなくて良いというレンタカーならではの気楽さも人気の理由ではないか、と話す。また、貸し出しの前にしっかりしたレクチャーがあるので、キャンピングカー初心者の人も安心して利用できるのもメリットだ。

レンタルすることのできる車両は、東和モータース販売が製作する『ハイエース』ベースの「ツェルト CP」。ツェルト CPの特筆すべき点は、全幅1690mmの標準ボディのハイエースをベースにしていること。さらにポップアップルーフを閉じれば、全高は2090mmなので、立体駐車場に入ることも可能だ。普段大きな車を運転しない人も気軽に運転することができる。

キャンピングカーとしての装備も充実しており、走行中に充電されるサブバッテリーを搭載、車内での電気の使用を可能にする。水道や冷蔵庫も完備。同車はオプション設定の、サイドオーニングとヒーターも装備する。
《徳田龍磨》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品