【ボルボ V40 限定車 試乗 】走りもルックスも洗練度高し…島崎七生人

試乗記 輸入車

ボルボ V40 T5 R-デザイン カーボンエディション
  • ボルボ V40 T5 R-デザイン カーボンエディション
  • ボルボ V40 T5 R-デザイン カーボンエディション
  • ボルボ V40 T5 R-デザイン カーボンエディション
  • ボルボ V40 T5 R-デザイン カーボンエディション
  • ボルボ V40 T5 R-デザイン カーボンエディション
  • ボルボ V40 T5 R-デザイン カーボンエディション
  • ボルボ V40 T5 R-デザイン カーボンエディション
  • ボルボ V40 T5 R-デザイン カーボンエディション
「日本ではボルボ創立88周年を記念した」という限定モデル。“T5”と呼称される高性能2リットル4気筒ターボ(245ps/35.7kgm)+8速ATを搭載。「T5 R-デザイン」をベースに仕立てられたスペシャルモデルだ。

カーボンファイバールーフ、ドアミラーカバーを始め、グロッシーブラックのサイドの窓枠など、ひと目で「イカしたスポーティルック」なのが特徴。リヤに回ると凝ったデザインのルーフスポイラーや、2本のテールパイプ(グロッシーブラックが精悍!)が覗くバンパーまわりも専用だ。19インチのアルミホイールも専用の塗色だが、決しておどろおどろしくなく、大人のユーザーが乗りこなすのにもいい塩梅…そんなセンスのよさに好感をもった。

インテリアはボルボでは珍しいブラックのモノトーンでクール。挿し色のシートベルトの赤がアクセントになっている。しっとりとホールドしてくれるシートはいつものボルボ流だ。

ルックスも決まっているが、実はこのクルマのポイントは走り。最新パワートレインの2リットルターボの、非常にパワフルだが気持ちよく扱いやすい特性は魅力のひとつ。またハンドリングもスポーティだが決してコワばった感触ではないところがいい。総じて、ドイツ系ライバル車などと同等のパフォーマンスと洗練度を身に付けた高性能車…といったところだ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★

島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年よりフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。
《島崎七生人》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

試乗記 アクセスランキング

  1. 【ジャガー F-PACE 試乗】頭文字“F”に偽りなし…武田公実

    【ジャガー F-PACE 試乗】頭文字“F”に偽りなし…武田公実

  2. 【マツダ CX-3 試乗】すでに購入してしまった人に、マツダの代わりに謝りたい…岩貞るみこ

    【マツダ CX-3 試乗】すでに購入してしまった人に、マツダの代わりに謝りたい…岩貞るみこ

  3. 【アウディ Q7 試乗】高級セダンを思わせる乗り心地…松下宏

    【アウディ Q7 試乗】高級セダンを思わせる乗り心地…松下宏

  4. 【ホンダ フィットHV 3700km試乗 前編】道を選ばない走破力とパンチのあるエンジン…井元康一郎

  5. 【ジャガー F-PACE 試乗】ウソのようだけれど、本当にスポーツカーだった!…鈴木ケンイチ

  6. 【ボルボ V40 試乗】数値にあらわれないブラッシュアップを感じる…中村孝仁

  7. 【トヨタ ランドクルーザー70 試乗】面白がって買うとイタイ目を見る、マニアックな一台…松下宏

  8. 【ホンダ ジェイドRS 800km試乗 後編】ニッチ過ぎる立ち位置、ライバルは「レヴォーグ」か…井元康一郎

  9. 【スズキ バレーノ 試乗】インド製であることよりも「日本軽視」が問題…松下宏

  10. 【BMW 118d 試乗】5日間・900kmを走破し感じた“ポジ”と“ネガ”…中村孝仁

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら