【キャンピングカーショー16】「テントむし」は、大人4人でしっかり使える軽キャンパー

自動車 ニューモデル モーターショー

バンショップミカミ テントむし(キャンピングカーショー16)
  • バンショップミカミ テントむし(キャンピングカーショー16)
  • バンショップミカミ テントむし(キャンピングカーショー16)
  • バンショップミカミ テントむし(キャンピングカーショー16)
  • バンショップミカミ テントむし(キャンピングカーショー16)
  • バンショップミカミ テントむし(キャンピングカーショー16)
  • バンショップミカミ テントむし(キャンピングカーショー16)
  • バンショップミカミ テントむし(キャンピングカーショー16)
  • バンショップミカミ テントむし(キャンピングカーショー16)
バンショップミカミは、千葉県の幕張メッセで11日から14日まで開催される「ジャパンキャンピングカーショー2016」に、軽キャンパーの『テントむし』を出展した。

テントむしは、「どこでも一緒に行きたくなるキャンピングカー」をテーマに製作された。コンパクトなボディは、日本の狭い道での乗り回しにマッチしている。

軽自動車とは思えない広い室内空間が特徴。ポップアップルーフは、開くとテントになり、専用のマットを敷くと二段ベットになる。大人4人が寝ることが可能だ。カーゴスペースは、リアマットを降ろすことで、テーブルを4人で囲んで座れる対座シートになる。水道や、給電用のサブバッテリーも装備。シェル部分はアルミ複合断熱パネルを使用することにより、軽量化としっかりとした断熱効果を発揮する。
《徳田龍磨》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品