ジャガー・ランドローバー、公道での自動運転開発プロジェクトに参画…英国

自動車 テクノロジー ITS

レンジローバー・イヴォーク
  • レンジローバー・イヴォーク
  • ジャガー F-PACE
ジャガー・ランドローバーは、次世代のコネクテッド/自動運転車両(CAV)技術を開発することを目的とした、英国の公道で行われる「リビング・ラボラトリー」プロジェクトに投資すると発表した。

「CAVテストコース」として整備される約66kmの道路が、新システムを実際の運転条件で検証するために使用される。

投資規模550万ポンド(約8億9650万円)の「UK-CITE」プロジェクトにより、英国の公道において車両と車両、そして車両とインフラをつなげるシステムの両方の実証実験ができる初めてのテストコースが整備される。この3年間のプロジェクトでは、テストコース沿いに新たに通信機器が設置され、5台のジャガー・ランドローバーの研究用車両を含む最大100台のコネクテッド・カーや自動運転車両をテストする。

これらの車両は、交通信号や頭上の道路情報掲示板などの情報を、車両同士、および車両と道路インフラ間で共有できる、さまざまな高速通信技術の検証に使用される。

ジャガー・ランドローバーのリサーチ&テクノロジー担当ディレクターであるウルフガング・エップル博士は、「研究対象となるコネクテッド/自動運転車両の機能は、道路の安全性を高め、ドライビング・エクスペリエンスをより良くし、渋滞発生の可能性を低減して交通の流れをスムーズにするもの。これらの技術は、運転中の通信サービスに対するユーザーからの需要の高まりに対応するためにも役立つ」と説明。

コネクテッド技術は、将来の高度道路交通システムを実現するための鍵となり、各交通機関がすべてのコネクテッド・カーから収集したデータを活用して交通の流れをモニター、管理し、ドライバーや自動運転車両に最適な道のりを案内できるようになるとしている。

交通の流れをスムーズにするため、コネクテッド・カー同士が連携し、協力し合うことで、より効率的かつ安全に車線変更をしたり、交差点を抜けたりすることが可能。コーペラティブ・アダプティブ・クルーズ・コントロールなどの技術により、車両が密接しながら互いに追従して自動走行する、いわゆる隊列走行が行えるようになり、ドライバーの安全性を高め、道路上の空間を効率的に利用できるようになるとしている。
《関 航介》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 テクノロジー アクセスランキング

  1. 【IIHS衝突安全】キアのSUV、ソレント 新型…最高評価

    【IIHS衝突安全】キアのSUV、ソレント 新型…最高評価

  2. 万が一の交通事故。その時『ドライブレコーダー』は、本当に役立つのか。保険会社に訊く!

    万が一の交通事故。その時『ドライブレコーダー』は、本当に役立つのか。保険会社に訊く!

  3. 無料ナビアプリ三つ巴対決、一番使いやすいのはどのアプリだ

    無料ナビアプリ三つ巴対決、一番使いやすいのはどのアプリだ

  4. 実践! 低音増強プログラム…パート2「パワードサブウーファー編」

  5. 【官能カーオーディオ!】車内で“スマホ”を聴く方法、最新事情パート2…“AUX”&“USB”編

  6. 【官能カーオーディオ!】「イコライザー」で“音”の雰囲気が一変!…“予算0円”のチューニング術

  7. テスラ、米メディアに反論…「自動運転機能の無効化は理解できない」

  8. ホンダとソフトバンク、「感情」を持つモビリティの共同研究を開始

  9. ZMP、市販PCで利用できる車両データ取得システムを発売

  10. タクシー車内で配信する次世代デジタルサイネージ、日本交通グループが開発へ

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら