【大阪オートメッセ16】大阪ならでの“ノリ”あふれる…カスタムカーの祭典、開幕

自動車 ニューモデル モーターショー

ブースで愛想を振りまくGoloalleyの3人組
  • ブースで愛想を振りまくGoloalleyの3人組
  • 会場となった「インテック大阪」。南港ポートタウン線「中ふ頭」駅から徒歩5分で到着
  • 前後のドア4枚をすべてガルウイング仕様としたVIAIRの日産リーフ
  • 「ちょーカッコエエ!」との呼び声が高かったLiverty Walkのランボルギーニ
  • 初代マーチも大阪人の手にかかればこの通り!
  • 「街に花を届ければミツバチが寄ってくる」世界観を演出した日野ブース。東京オートサロンに続く出展だ
  • オープニングセレモニーで挨拶する前大阪市議会議員の柳本 顕氏
  • 「これからクルマはソフトを提供するアフターパーツ業界が中心になる」と挨拶したオートバックセブン相談役の住野公一氏
東京オートサロンに続く関西のカスタマイズカーの祭典「大阪オートメッセ」が2月12日、インテックス大阪で開幕した。1997年1月に第1回が開催されて以来、今年は20回目。来場者は例年20万人を数え、今回も午前9時のオープンと共に大勢のファンが会場を訪れた。

午前10時には来賓を招いたオープニングセレモニーを開催。参議院議員 柳本卓治氏の代理として前大阪市議会議員 柳本 顕氏、オートバックスセブン相談役 住野公一氏が挨拶に立ち、その後、来賓全員によるテープカットが行われて第20回 大阪オートメッセは開幕した。

出展社数は230社以上、出展車両台数550台以上。日本の乗用車メーカーはすべて出展し、商用車メーカーとして日野も名を連ねる。加えてチューニング/ドレスアップメーカーが軒を連ね、オーディオメーカーとしてはクラリオンや三菱電機、ビーウィズ、オーディオテクニカが出展。試聴をメインとするクラリオンと三菱電機では予約が必須となる賑わいを見せていた。

関東人の立場からすると、東京オートサロンから1か月しか経っていないだけに出展内容は同じなのではないかと思いがちだが、会場を訪れると雰囲気の違いに驚くはず。会場に入るとそこは関西ならではのノリの世界。東京オートサロンとは違った味わいが楽しめるイベントに仕上がっているのだ。

もちろん、東京オートサロンに出展された車両も少なくはない。しかし、東京オートサロンはどちらかといえば輸入車も交えた、ある意味、一般からは縁遠い世界が演出されていたが、大阪オートメッセでは国産車をベースにカスタマイズした世界が目を引く。つまり、より身近にカスタマイズが楽しめる世界が広がっているのだ。

個人的な感想では、出展車両の多くはCMの“やっちゃえ○○”ではないけれど、とにかく造り込みが半端じゃないイケイケぶり。一つひとつを見ていけば「ここまでやるか~」的なクルマも決して珍しくないのだ。そして、各ブースで出会えるコンパニオンも東京オートサロンとは違い、関西風の派手さが際立つ。

会場となったインテック大阪は、南港ポートタウン線で「中ふ頭」駅で下車。矢印に従って歩いて行くと5分ほどで西ゲートに到着する。会場内は6つの建屋に分かれ、その中心にイベントステージが置かれたわかりやすい配置。ステージでは個性豊かなアーティストが続々と登場するほか、スバルのアイサイト体験コーナーや、SUPER GTとのコラボによるスペシャルステージを用意するなど、見応え十分なイベントとなっている。

会期は14日まで、午前9時から午後6時まで開催(最終日のみ午後5時まで)。入場料は当日券で2700円。中学生以下は無料だが、保護者との同伴が必要となる。また、会場内でアンケートに答えると新車をはじめとする豪華賞品が当たる抽選も行われる。
《会田肇》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【スバル インプレッサ 新型】ヘキサゴンとコの字の組み合わせは今後のスバルの顔

    【スバル インプレッサ 新型】ヘキサゴンとコの字の組み合わせは今後のスバルの顔

  2. スバル XVハイブリッド、STIコンプリートモデルの先行予約を開始

    スバル XVハイブリッド、STIコンプリートモデルの先行予約を開始

  3. 【日産 セレナ 新型】星野専務「予約好調、ロケットスタート切る」 8月24日発売

    【日産 セレナ 新型】星野専務「予約好調、ロケットスタート切る」 8月24日発売

  4. 【メルセデスベンツ Eクラス 新型】自動運転技術充実「さらに進歩させた」

  5. アストンマーティン DB9、生産終了…13年の歴史に幕

  6. ポルシェ パナメーラ 新型に「エクスクルーシブ」…特別仕立て

  7. 日産 GT-R 2017年モデル、ダンロップの高性能ランフラットタイヤを新車装着

  8. 【メルセデス Eクラス 新型】ドライブパイロット初搭載、高速渋滞時の自動運転を実現

  9. 【スバル インプレッサ 新型】専用サイトで国内仕様を公開…歩行者保護エアバッグを初装備

  10. 【メルセデスベンツ Eクラス 新型】上野社長「新世代のスタンダードに」

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら