国立天文台、4次元デジタル宇宙ビューワーを多言語化…「はやぶさ2」の立体モデルも追加

宇宙 科学

多言語対応したMitaka。標準でフランス語が追加された。
  • 多言語対応したMitaka。標準でフランス語が追加された。
  • ユーザー定義ファイルを作成することで、タイ語を表示することも可能に。
  • 今回追加された小惑星探査機「はやぶさ2」の立体モデル。2015年12月3日の地球スイングバイも再現。
  • 今回追加された金星探査機「あかつき」の立体モデル。軌道データも追加され、2015年12月7日に行われた金星周回軌道への投入の様子も再現できる。
  • 小惑星の軌道データを2万天体に増加させた。「はやぶさ2」が向かう小惑星「Ryugu(リュウグウ)」も追加されている。
国立天文台は、4次元デジタル宇宙プロジェクト(4D2Uプロジェクト)が4次元デジタル宇宙ビューワー「Mitaka」のバージョン1.3を公開したと発表した。

今回のアップデートではMitakaを多言語化、ユーザー定義により任意の言語表示が可能となった。これによってMitakaの海外での利用の場が広がる。

また、小惑星探査機「はやぶさ2」や金星探査機「あかつき」の立体モデルと軌道を追加した。さらに、「はやぶさ2」のターゲット天体である小惑星「Ryugu」をはじめとした小惑星の軌道データを約2万天体に増やすなど、最新のデータや機能を追加した。

4D2Uプロジェクトが開発する4次元デジタル宇宙ビューワー「Mitaka」は、観測や理論で得られた天文学のデータを使って様々な天体や宇宙の構造を見ることができるソフトウェア。4D2Uプロジェクトのウェブページから無料でダウンロードし、手元のコンピュータを使って利用できる。Mitakaはこれまでに約85万ダウンロードされ、学校の授業や科学館での展示、書籍やテレビ番組などで幅広く利用されている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

宇宙 アクセスランキング

  1. 金星探査機「あかつき」に搭載の観測器が定常観測に移行…金星の観測を開始

    金星探査機「あかつき」に搭載の観測器が定常観測に移行…金星の観測を開始

  2. 先進光学衛星がプロジェクトに移行へ…349億円投じ2019年末打ち上げ目指す

    先進光学衛星がプロジェクトに移行へ…349億円投じ2019年末打ち上げ目指す

  3. JAXA、ISS「きぼう」に搭載したCALETで電子の集中豪雨を観測

    JAXA、ISS「きぼう」に搭載したCALETで電子の集中豪雨を観測

  4. 宇宙ミュージアムTeNQ 開業2周年、新海誠監督とのコラボ企画展…7月1日~11月6日

  5. すばる望遠鏡の超広視野主焦点カメラ、チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星の姿を捉える

  6. 130億光年彼方で一般相対性理論を検証…アインシュタインの説の正しさを裏づけ

  7. 炎症反応のメカニズムを宇宙で解明…ISS「きぼう」利用FSに採用

  8. 精密測量機器メーカーが本気でドローンを作るとこうなる…JAVAD GNSS『TRIUMPH-F1』

  9. 国際宇宙ステーション「きぼう」からフィリピン第1号超小型衛星の放出に成功

  10. スペースシフト、クラウドファンディングで超小型衛星キットの目標金額を達成

アクセスランキングをもっと見る