国立天文台、4次元デジタル宇宙ビューワーを多言語化…「はやぶさ2」の立体モデルも追加

宇宙 科学

多言語対応したMitaka。標準でフランス語が追加された。
  • 多言語対応したMitaka。標準でフランス語が追加された。
  • ユーザー定義ファイルを作成することで、タイ語を表示することも可能に。
  • 今回追加された小惑星探査機「はやぶさ2」の立体モデル。2015年12月3日の地球スイングバイも再現。
  • 今回追加された金星探査機「あかつき」の立体モデル。軌道データも追加され、2015年12月7日に行われた金星周回軌道への投入の様子も再現できる。
  • 小惑星の軌道データを2万天体に増加させた。「はやぶさ2」が向かう小惑星「Ryugu(リュウグウ)」も追加されている。
国立天文台は、4次元デジタル宇宙プロジェクト(4D2Uプロジェクト)が4次元デジタル宇宙ビューワー「Mitaka」のバージョン1.3を公開したと発表した。

今回のアップデートではMitakaを多言語化、ユーザー定義により任意の言語表示が可能となった。これによってMitakaの海外での利用の場が広がる。

また、小惑星探査機「はやぶさ2」や金星探査機「あかつき」の立体モデルと軌道を追加した。さらに、「はやぶさ2」のターゲット天体である小惑星「Ryugu」をはじめとした小惑星の軌道データを約2万天体に増やすなど、最新のデータや機能を追加した。

4D2Uプロジェクトが開発する4次元デジタル宇宙ビューワー「Mitaka」は、観測や理論で得られた天文学のデータを使って様々な天体や宇宙の構造を見ることができるソフトウェア。4D2Uプロジェクトのウェブページから無料でダウンロードし、手元のコンピュータを使って利用できる。Mitakaはこれまでに約85万ダウンロードされ、学校の授業や科学館での展示、書籍やテレビ番組などで幅広く利用されている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

宇宙 アクセスランキング

  1. 世界の宇宙予算20年ぶり縮小

    世界の宇宙予算20年ぶり縮小

  2. 準天頂衛星を使い農作業…自律走行型ロボットトラクターで実証実験

    準天頂衛星を使い農作業…自律走行型ロボットトラクターで実証実験

  3. 「はやぶさ2」が目指す小惑星「リュウグウ」、今夏に観測できるチャンス

    「はやぶさ2」が目指す小惑星「リュウグウ」、今夏に観測できるチャンス

  4. ボーイング、5基目のGPSIIF衛星を米空軍に引き渡し…ナビゲーションの精度向上に貢献

  5. 大西宇宙飛行士、七夕に宇宙に向けて飛び立つ…ISS打ち上げ日時が正式決定

  6. 大西宇宙飛行士、ロシアモジュールとソユーズ宇宙船の最終試験に合格

  7. ボーイング F-15E戦闘機からの超小型衛星打ち上げシステム開発決定

  8. 2014年NASA予算は176億ドルの見通し 前年より増額

  9. JAXA、ISS補給機「こうのとり」6号機で輸送するISS用バッテリーを公開…GSユアサ製

  10. 宇宙ミュージアムTeNQ 開業2周年、新海誠監督とのコラボ企画展…7月1日~11月6日

アクセスランキングをもっと見る