人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

ヴァレオ、つくばテクノセンター内に自動運転車のテストエリアを新設

自動車 ビジネス 企業動向

ヴァレオジャパンは、同社つくばテクノセンター(茨城県つくば市)内に新たに自動運転車のテストエリアを新設したと発表した。

つくばテクノセンターは、ヴァレオのコンフォート&ドライビングアシスタンスビジネスグループの研究開発センター。従来はトップコラムモジュールや各種スイッチの設計、試作、実験、量産化を担っていたが、運転支援や自動運転技術への開発ニーズの高まりに応えるため、つくばテクノセンター内に自動運転車のテストエリアを新たに設けた。

ヴァレオは日本で運転支援・自動運転の研究開発用のデモカー4台を所有しており、5台目を今春導入予定。これらのデモカーには、自動駐車システムやレーザースキャナー、サイドミラーをカメラに置き換えるサイトストリームカメラモニタリングシステムなどを搭載し、運転支援や自動運転のテストを行っている。これまではつくばテクノセンターの空きスペースなどで試験を行ってきたが、専用のテストエリアを設けることで走行条件を一定に保つことができ、正確なデータが取れる様になるという。テストエリアの面積は約2000平方メートルで、2015年11月に着工し、2016年1月末に工事が完了した。

ヴァレオジャパン取締役・コンフォート&ドライビングアシスタンス ジャパン・アセアン事業部長の秋山勝司氏は、「つくばテクノセンターに自動運転者のテストエリアを設けることで、日本のカーメーカーのニーズに迅速に対応するとともに、日本の交通事情に適した運転支援・自動運転の技術開発を加速させていく」としている。
《関 航介》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. オートエクゼ、アテンザ用ストリートスポーツ チューニングキットを発売

    オートエクゼ、アテンザ用ストリートスポーツ チューニングキットを発売

  2. 米EVテスラ、小型SUVとピックアップトラック市場に参入へ

    米EVテスラ、小型SUVとピックアップトラック市場に参入へ

  3. クルマを置かないVRショール―ム…代官山蔦屋書店のメルセデス・ベンツ日本に行ってきた

    クルマを置かないVRショール―ム…代官山蔦屋書店のメルセデス・ベンツ日本に行ってきた

  4. 【池原照雄の単眼複眼】出発点は「謙虚」…マツダの新しい走り「G-ベクタリング」

  5. クルマを置かないVRショール―ム…タッチポイントが増える

  6. 【リコール】スズキ イグニス、走行中にドアが開くおそれ

  7. オートエクゼ、ラムエアインテークにディーゼルエンジン搭載車用を追加設定

  8. マツダ CX-4、中国受注が1万台突破…発売1か月

  9. 高齢者向けタクシー定期券を再開…福岡市内全域に拡大

  10. 高速バス100路線フリーパスなど…59社が結束、インバウンド活性化

アクセスランキングをもっと見る