ヴァレオ、つくばテクノセンター内に自動運転車のテストエリアを新設

自動車 ビジネス 企業動向

ヴァレオジャパンは、同社つくばテクノセンター(茨城県つくば市)内に新たに自動運転車のテストエリアを新設したと発表した。

つくばテクノセンターは、ヴァレオのコンフォート&ドライビングアシスタンスビジネスグループの研究開発センター。従来はトップコラムモジュールや各種スイッチの設計、試作、実験、量産化を担っていたが、運転支援や自動運転技術への開発ニーズの高まりに応えるため、つくばテクノセンター内に自動運転車のテストエリアを新たに設けた。

ヴァレオは日本で運転支援・自動運転の研究開発用のデモカー4台を所有しており、5台目を今春導入予定。これらのデモカーには、自動駐車システムやレーザースキャナー、サイドミラーをカメラに置き換えるサイトストリームカメラモニタリングシステムなどを搭載し、運転支援や自動運転のテストを行っている。これまではつくばテクノセンターの空きスペースなどで試験を行ってきたが、専用のテストエリアを設けることで走行条件を一定に保つことができ、正確なデータが取れる様になるという。テストエリアの面積は約2000平方メートルで、2015年11月に着工し、2016年1月末に工事が完了した。

ヴァレオジャパン取締役・コンフォート&ドライビングアシスタンス ジャパン・アセアン事業部長の秋山勝司氏は、「つくばテクノセンターに自動運転者のテストエリアを設けることで、日本のカーメーカーのニーズに迅速に対応するとともに、日本の交通事情に適した運転支援・自動運転の技術開発を加速させていく」としている。
《関 航介》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 燃費達成率ランキング、データ問題で揺れるスズキの スイフト がトップ…e燃費調べ

    燃費達成率ランキング、データ問題で揺れるスズキの スイフト がトップ…e燃費調べ

  2. ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

    ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

  3. 【人とくるまのテクノロジー16】運転支援「次の一手」、開発中の技術を紹介…マツダ

    【人とくるまのテクノロジー16】運転支援「次の一手」、開発中の技術を紹介…マツダ

  4. 日産ミスフェアレディに新人8名…総勢21名の2016年度新体制発表

  5. マツダ、SKYACTIV-Dの燃焼室構造が全国発明表彰 恩賜発明賞を受賞

  6. 【人とくるまのテクノロジー16】 クラリティ の大小水素タンク2本が丸見え、 MIRAI との違い…ホンダ

  7. ホビージャパン、新型NSX の高品質1:18スケールモデルを発売

  8. 「不便」の声受けて売店施設公募...バスタ新宿

  9. 小は大を兼ねるか? 軽&コンパクトカーのパッケージング、3つのポイントで検証

  10. 【人とくるまのテクノロジー16】未体験の視点、透明なクルマに乗って触って…ZF

アクセスランキングをもっと見る