ヴァレオ、つくばテクノセンター内に自動運転車のテストエリアを新設

自動車 ビジネス 企業動向

ヴァレオジャパンは、同社つくばテクノセンター(茨城県つくば市)内に新たに自動運転車のテストエリアを新設したと発表した。

つくばテクノセンターは、ヴァレオのコンフォート&ドライビングアシスタンスビジネスグループの研究開発センター。従来はトップコラムモジュールや各種スイッチの設計、試作、実験、量産化を担っていたが、運転支援や自動運転技術への開発ニーズの高まりに応えるため、つくばテクノセンター内に自動運転車のテストエリアを新たに設けた。

ヴァレオは日本で運転支援・自動運転の研究開発用のデモカー4台を所有しており、5台目を今春導入予定。これらのデモカーには、自動駐車システムやレーザースキャナー、サイドミラーをカメラに置き換えるサイトストリームカメラモニタリングシステムなどを搭載し、運転支援や自動運転のテストを行っている。これまではつくばテクノセンターの空きスペースなどで試験を行ってきたが、専用のテストエリアを設けることで走行条件を一定に保つことができ、正確なデータが取れる様になるという。テストエリアの面積は約2000平方メートルで、2015年11月に着工し、2016年1月末に工事が完了した。

ヴァレオジャパン取締役・コンフォート&ドライビングアシスタンス ジャパン・アセアン事業部長の秋山勝司氏は、「つくばテクノセンターに自動運転者のテストエリアを設けることで、日本のカーメーカーのニーズに迅速に対応するとともに、日本の交通事情に適した運転支援・自動運転の技術開発を加速させていく」としている。
《関 航介》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 【リコール】トヨタ プリウス など155万台、満タン時にガソリン臭が発生するおそれ

    【リコール】トヨタ プリウス など155万台、満タン時にガソリン臭が発生するおそれ

  2. 【リコール】トヨタ プリウス など74万台、カーテンエアバッグに不具合

    【リコール】トヨタ プリウス など74万台、カーテンエアバッグに不具合

  3. 【リコール】トヨタ THS不具合で、プリウスに続きマツダ アクセラ 9335台

    【リコール】トヨタ THS不具合で、プリウスに続きマツダ アクセラ 9335台

  4. ダイハツの軽市場シェアが急上昇、5か月ぶりの35%超え…5月実績

  5. トヨタの複数車種、米国でリコール…後付けシートヒーターに不具合

  6. 【カーエレ最前線】安全運転サポート機能をドラレコで手に入れる

  7. ヤマト運輸、問い合わせにAIが自動で対応…LINE公式アカウントに機能追加

  8. マツダ、グローバル生産台数が17か月ぶりのマイナス…5月実績

  9. トヨタ ヴィッツ、米国でリコール…サスペンションに不具合

  10. 【リコール】BMW 320d、ホース不具合で燃料漏れのおそれ

アクセスランキングをもっと見る