ホンダ、新開発エンジン搭載の CRF1000L アフリカツイン を発売

モーターサイクル 新型車

ホンダ CRF1000L Africa Twin(ヴィクトリーレッド)
  • ホンダ CRF1000L Africa Twin(ヴィクトリーレッド)
  • ホンダ CRF1000L Africa Twin(パールグレアホワイト)
  • ホンダ CRF1000L Africa Twin(デジタルシルバーメタリック)
ホンダは、新開発のエンジンを搭載したアドベンチャーモデルの『CRF1000L アフリカツイン』を、2月22日に発売する。

CRF1000L アフリカツインは、1988年に誕生した、市街地のオンロードから高速道路さらには未舗装路まで、さまざまな道を走破できるアドベンチャーモデル。「どこへでも行ける」「True Adventure」を開発コンセプトに、次世代アドベンチャーモデルにふさわしい装備や技術を搭載したモデルとして開発した。

新開発の水冷・4ストローク・OHC・直列2気筒998ccエンジンを搭載。エンジンは270度位相クランクによる不等間隔爆発および、ツインプラグの「位相点火制御システム」などを採用することで、優れたトラクション性能を発揮する。また、軽量でありながら十分な剛性を確保する「セミダブルクレードルフレーム」の採用によってオフロードでの優れた走行性能とオンロードでの安定感のあるハンドリングを両立。

さらに、二輪車用「デュアル・クラッチ・トランスミッション」によってオンロードからオフロードまでライダーの感覚に沿うようにコントロール性能を向上させた。荒れた路面でも効率よく動力を伝達する「セレクタブル トルク コントロール」を全車に標準搭載する。

ボディカラーはヴィクトリーレッド、パールグレアホワイト、デジタルシルバーメタリックの3色を設定。

価格は135万円から149万400円。
《徳田龍磨》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モーターサイクル アクセスランキング

  1. 料金引き下げにつながるか...「2人乗りは難しい」首都高速・宮田社長

    料金引き下げにつながるか...「2人乗りは難しい」首都高速・宮田社長

  2. 「想定以上の申し込み」で対象台数上乗せ...二輪車ETC購入助成

    「想定以上の申し込み」で対象台数上乗せ...二輪車ETC購入助成

  3. ホンダ CBR250RR、新開発エンジンを搭載…インドネシア合弁会社が発表

    ホンダ CBR250RR、新開発エンジンを搭載…インドネシア合弁会社が発表

  4. 対象台数増やし、8月末日まで期間延長...二輪車ETCの車載器購入助成

  5. 【鈴鹿8耐】勝つのはどのチーム?…史上最強、YAMAHA FACTORY RACING TEAM

  6. 【鈴鹿8耐】勝つのはどのチーム?…元MotoGPチャンプ加入、MuSASHi RT HARC-PRO.

  7. ヤマハ発動機、三輪コミューター第2弾 トリシティ155 を発売

  8. 【鈴鹿8耐】今年も前日の恒例「バイクであいたいパレード」開催…9日から受付

  9. 【鈴鹿8耐】スタートフラッグを振るハリウッドスターは誰だ?…噂

  10. 「ダサいってイジられないから安心!」井戸田潤…ハーレーの復興チャリティ

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら