JAL、日本発国際貨物燃油サーチャージを引き下げ、アジア路線はゼロに…3月から

航空 企業動向

日本航空(JAL)は、3月1日から適用する日本発国際貨物燃油サーチャージを引き下げる。

3月の燃油サーチャージの基準となる2016年1月のジェット燃料平均価格が1バレル当たり37.80米ドルだったため、燃油指標価格が「35.00以上40.00未満」となる。

この結果、サーチャージ額は米州・欧州など遠距離路線が1kg当たり現在の17円から3円に引き下げる。アジア遠距離路線とアジア近距離路線はゼロとなる。

JALでは2009年度から日本発国際貨物燃油サーチャージを毎月改定している。各月の貨物燃油サーチャージ額は「シンガポールで取引されるジェット燃油価格の前々月平均値」を燃油指標価格として決定、35.00ドルを下回ると燃油サーチャージは廃止となる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

航空 アクセスランキング

  1. ANA、「九州ふっこう割」活用で最大2万円のクーポン

    ANA、「九州ふっこう割」活用で最大2万円のクーポン

  2. 日本トランスオーシャン航空、名古屋=沖縄線に737-800型機導入…大型化

    日本トランスオーシャン航空、名古屋=沖縄線に737-800型機導入…大型化

  3. ガルーダ・インドネシア航空、東京=デンパサール線の機材を変更へ…8月7日-10月17日

    ガルーダ・インドネシア航空、東京=デンパサール線の機材を変更へ…8月7日-10月17日

  4. JAL、新千歳空港に最上級ラウンジ「ダイヤモンド・プレミアムラウンジ」を新設

  5. 関西国際空港、国際線が好調で航空機発着回数が11%増…5月

  6. JAL、「九州ふっこう割」を導入…航空券と宿泊を最大3万円割引

  7. 山形大学など、ドローンを利用した農業管理システムを開発

  8. 三菱航空機 MRJ、米国での飛行試験に向け7月以降に出発

  9. 東レ、炭素繊維トレカを使用したプリプレグをエアバス機に初供給…A380に採用

  10. JAL、整備場でプロジェクションマッピングを実施…「TED×Haneda2016」を支援

アクセスランキングをもっと見る