JAL、日本発国際貨物燃油サーチャージを引き下げ、アジア路線はゼロに…3月から

航空 企業動向

日本航空(JAL)は、3月1日から適用する日本発国際貨物燃油サーチャージを引き下げる。

3月の燃油サーチャージの基準となる2016年1月のジェット燃料平均価格が1バレル当たり37.80米ドルだったため、燃油指標価格が「35.00以上40.00未満」となる。

この結果、サーチャージ額は米州・欧州など遠距離路線が1kg当たり現在の17円から3円に引き下げる。アジア遠距離路線とアジア近距離路線はゼロとなる。

JALでは2009年度から日本発国際貨物燃油サーチャージを毎月改定している。各月の貨物燃油サーチャージ額は「シンガポールで取引されるジェット燃油価格の前々月平均値」を燃油指標価格として決定、35.00ドルを下回ると燃油サーチャージは廃止となる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

航空 アクセスランキング

  1. オバマ大統領が搭乗のエアフォースワン、給油のために横田基地へ立ち寄り

    オバマ大統領が搭乗のエアフォースワン、給油のために横田基地へ立ち寄り

  2. アメリカの大統領専用機 VC-25が羽田空港を離陸 [写真蔵]

    アメリカの大統領専用機 VC-25が羽田空港を離陸 [写真蔵]

  3. EU残留支持を呼び掛け…英首相がイージージェット本社を訪問

    EU残留支持を呼び掛け…英首相がイージージェット本社を訪問

  4. ホンダジェット、欧州航空安全局の型式証明を取得

  5. MRJ、エンジン空中停止や片エンジンなどの飛行試験を実施…三菱航空機

  6. MRJ、飛行試験2号機が5月に初フライト…1号機は改修中

  7. アメリカ軍のステルス戦闘機F-22、横田基地へ計14機が飛来

  8. ルフトハンザドイツ航空、羽田~フランクフルト線に「空の女王」を投入

  9. ボーイング、777X型機複合材主翼の製造施設を開設

  10. ボーイング、ベトジェットエアから「737MAX200」100機を正式受注

アクセスランキングをもっと見る