日本ボート・オブ・ザ・イヤー2016、部門賞が決定

船舶 エンタメ・イベント

日本ボート・オブ・ザ・イヤー実行委員会は、「日本ボート・オブ・ザ・イヤー2016」の部門賞を決定したと発表した。

部門賞では、国産小型艇部門は、ヤマハ発動機の「F.A.S.T.23」、国産中型艇部門がヤマハ発動機の「242リミテッド-S」、国産大型艇部門はヤンマーの「EX38」がそれぞれ受賞した。

また、輸入小型艇部門はジェイエスピーの「SCARAB215 HO IMPULSE」、輸入中型艇部門がオカザキヨットの「デルフィア・エスケープ1100S」、輸入大型艇部門が大和住販売の「プリンセス82MY」、PWC部門がヤマハ発動機の「MJ FX クルーザー SVHO」が受賞した。

日本ボート・オブ・ザ・イヤー2016は、部門賞の中から選考し、3月3日にジャパンインターナショナルボートショーのパシフィコ横浜会場のステージで発表される。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

船舶 アクセスランキング

  1. ヤンマー、小型ヨット種目「国際モス級」世界選手権大会のスポンサーに

    ヤンマー、小型ヨット種目「国際モス級」世界選手権大会のスポンサーに

  2. GW期間中、プレジャーボートなど53隻が事故…海上保安庁

    GW期間中、プレジャーボートなど53隻が事故…海上保安庁

  3. 軍艦の“縦列係留”、防空壕、廃線跡…日本海唯一の軍港都市・舞鶴[フォトレポート]

    軍艦の“縦列係留”、防空壕、廃線跡…日本海唯一の軍港都市・舞鶴[フォトレポート]

  4. 三菱重工、1番船の失敗を踏まえ改善対策…客船事業評価委員会を設置

  5. 【静岡ホビーショー16】ハセガワ、新作ウォーターライン「日本海軍 戦艦 三笠」を展示

  6. 海上保安庁、伊勢志摩サミットに向けて海上警備準備本部を設置

  7. 舟運社会実験「横浜=羽田=水道橋」の有料乗船参加者を募集…新船「Jetsailor号」が就航

  8. 日本・韓国・ドイツ・台湾の船会社6社が提携…「ザ・アライアンス」を設立

  9. 千葉港の新たな旅客船ターミナル、45分のクルーズ船から[フォトレポート]

  10. 羽田空港船着場~秋葉原の舟運社会実験、全便ほぼ満席の乗船率

アクセスランキングをもっと見る