インドのタタ自決算、純利益は2%減…2015年10-12月期

自動車 ビジネス 企業動向

タタ ナノ・ツイスト
  • タタ ナノ・ツイスト
  • ジャガーXEとディスカバリースポーツ
インド自動車大手のタタモーターズは2月11日、2015年度(2014年4月-2015年3月)の10-12月期決算を明らかにした。

同社の発表によると、傘下のジャガー・ランドローバーを含めた売上高は、7225億6000万ルピー(約1兆1886億円)。前年同期の7021億2000万ルピーに対して、2.9%の増加。一方、10-12月期の純利益は、350億8000万ルピー(約577億円)。前年同期の358億1000万ルピーに対して、2%の減益となった。

減益となった要因は、傘下のジャガー・ランドローバーの中国市場での新車販売が、景気減速のために減少したため。

また、タタモーターズ単独の2015年度10-12月期決算は、売上高が前年同期比10.4%増の1000億1000万ルピー(約1645億円)。最終損益は、20億3000万ルピー(約33億円)の赤字。前年同期の20億1000万ルピーの赤字から、赤字幅が拡大した。

タタモーターズ単独の2015年度10-12月期の新車販売は、12万3295台。地元インドでの販売競争激化により、前年同期比は3.3%減と落ち込んでいる。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. ダイハツ、国内販売10.7%増の4万7897台 7月実績

    ダイハツ、国内販売10.7%増の4万7897台 7月実績

  2. 国産名車コレクション スペシャルスケール1/24、先行予約開始…創刊号はトヨタ2000GT

    国産名車コレクション スペシャルスケール1/24、先行予約開始…創刊号はトヨタ2000GT

  3. 三菱自動車、国内販売4か月連続2ケタ減…eK販売再開も登録車が半減 7月実績

    三菱自動車、国内販売4か月連続2ケタ減…eK販売再開も登録車が半減 7月実績

  4. マツダ、世界生産台数が3か月連続マイナス 7月実績

  5. マツダ ロードスター RF、発売記念車は得意客に優先販売…米国

  6. ホンダの総生産台数、14か月ぶりのマイナス…4.3%減の37万2472台 7月実績

  7. 日産、海外販売39万1514台…欧米市場好調 7月度新記録

  8. 4トン6輪車が浮いた! カーシェアのエニカが G63 AMG 6×6 の試乗会を開催

  9. トヨタ、国内シェアが3か月ぶりの5割超え 7月実績

  10. 日産の発信拠点、銀座にオープンへ…NISSAN CROSSING

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら