インドのタタ自決算、純利益は2%減…2015年10-12月期

自動車 ビジネス 企業動向

タタ ナノ・ツイスト
  • タタ ナノ・ツイスト
  • ジャガーXEとディスカバリースポーツ
インド自動車大手のタタモーターズは2月11日、2015年度(2014年4月-2015年3月)の10-12月期決算を明らかにした。

同社の発表によると、傘下のジャガー・ランドローバーを含めた売上高は、7225億6000万ルピー(約1兆1886億円)。前年同期の7021億2000万ルピーに対して、2.9%の増加。一方、10-12月期の純利益は、350億8000万ルピー(約577億円)。前年同期の358億1000万ルピーに対して、2%の減益となった。

減益となった要因は、傘下のジャガー・ランドローバーの中国市場での新車販売が、景気減速のために減少したため。

また、タタモーターズ単独の2015年度10-12月期決算は、売上高が前年同期比10.4%増の1000億1000万ルピー(約1645億円)。最終損益は、20億3000万ルピー(約33億円)の赤字。前年同期の20億1000万ルピーの赤字から、赤字幅が拡大した。

タタモーターズ単独の2015年度10-12月期の新車販売は、12万3295台。地元インドでの販売競争激化により、前年同期比は3.3%減と落ち込んでいる。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. マヒンドラのSUV、最低のゼロ評価…グローバルNCAP

    マヒンドラのSUV、最低のゼロ評価…グローバルNCAP

  2. トヨタ ヴィッツ、米国でリコール…サスペンションに不具合

    トヨタ ヴィッツ、米国でリコール…サスペンションに不具合

  3. 【カーグッズ】耐久性に注目「本格コーティング剤」でボディケア

    【カーグッズ】耐久性に注目「本格コーティング剤」でボディケア

  4. レースクイーンが時間を知らせる「サーキット時計」第3弾はスーパーフォーミュラ

  5. マグナ、メキシコ新工場を開業…外装部品を生産

  6. ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

  7. スズキ イーコ、最低のゼロ評価…グローバルNCAP

  8. ウェザーニューズ、今年の梅雨の天気傾向を発表…九州は例年より大雨の予想

  9. 【節約絶景ドライブ】見どころが多すぎる!? 石川県・能登半島編

  10. 小は大を兼ねるか? 軽&コンパクトカーのパッケージング、3つのポイントで検証

アクセスランキングをもっと見る