インドのタタ自決算、純利益は2%減…2015年10-12月期

自動車 ビジネス 企業動向

タタ ナノ・ツイスト
  • タタ ナノ・ツイスト
  • ジャガーXEとディスカバリースポーツ
インド自動車大手のタタモーターズは2月11日、2015年度(2014年4月-2015年3月)の10-12月期決算を明らかにした。

同社の発表によると、傘下のジャガー・ランドローバーを含めた売上高は、7225億6000万ルピー(約1兆1886億円)。前年同期の7021億2000万ルピーに対して、2.9%の増加。一方、10-12月期の純利益は、350億8000万ルピー(約577億円)。前年同期の358億1000万ルピーに対して、2%の減益となった。

減益となった要因は、傘下のジャガー・ランドローバーの中国市場での新車販売が、景気減速のために減少したため。

また、タタモーターズ単独の2015年度10-12月期決算は、売上高が前年同期比10.4%増の1000億1000万ルピー(約1645億円)。最終損益は、20億3000万ルピー(約33億円)の赤字。前年同期の20億1000万ルピーの赤字から、赤字幅が拡大した。

タタモーターズ単独の2015年度10-12月期の新車販売は、12万3295台。地元インドでの販売競争激化により、前年同期比は3.3%減と落ち込んでいる。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 三菱自 池谷副社長、「7月の軽自動車受注は前年の2倍近くに」

    三菱自 池谷副社長、「7月の軽自動車受注は前年の2倍近くに」

  2. 【メルセデスベンツ Eクラス 新型】Amazonと協力してレンタルキャンペーン

    【メルセデスベンツ Eクラス 新型】Amazonと協力してレンタルキャンペーン

  3. トミカ、初の充電式自動走行モデルを発売

    トミカ、初の充電式自動走行モデルを発売

  4. ポルシェ、EVスポーツの開発と生産準備…1400名以上を雇用

  5. 日産 星野専務「7月の国内受注は非常に好調だった」

  6. データシステム、車種別サイドカメラキットに新型プリウス用を追加

  7. レギュラーガソリン、前週比0.5円安の122.2円…4週連続の値下がり

  8. 【リコール】日野プロフィア など1万7000台、走行不能になるおそれ

  9. 三菱ふそう、バス床下の腐食点検を呼びかけ…重大事故のおそれ

  10. マピオンのバーベキュー・キャンプ場特集…用具レンタルや買い出しの情報も

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら