人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

ANA、国際線旅客の燃油サーチャージを4月からゼロに…6年半ぶり

航空 企業動向

全日本空輸(ANA)グループは、4月1日以降の航空券発券分に適用となる国際線旅客の燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)を6年半ぶりにゼロにすると発表した。

日本航空(JAL)も国際線旅客の燃油サーチャージを4月発券分から廃止することを決めている。

ANAでは、燃油サーチャージを2カ月ごとに、直近2カ月間の燃油市況価格平均に基づき見直している。4月以降の対象となる2015年12月から2016年1月のシンガポールケロシン市況価格2カ月平均が1バレル当たり42.98米ドル、為替レートは1ドル=120.14円となった。

この結果、シンガポールケロシン市況価格の円貨換算額は5163円となり、燃油サーチャージ適用なしの基準となった。

現在の燃油サーチャージは路線に応じて1人当たり300~7000円が適用されている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

航空 アクセスランキング

  1. リオ五輪選手団や都知事を乗せたJAL・ANA機、羽田着…吉田沙保里は“スタボー側”から

    リオ五輪選手団や都知事を乗せたJAL・ANA機、羽田着…吉田沙保里は“スタボー側”から

  2. ANA、ボーイング787機の整備で欠航が発生 9月26日から

    ANA、ボーイング787機の整備で欠航が発生 9月26日から

  3. アシアナ航空、日本・東南アジア路線の一部を運休へ…傘下LCCが運航引き継ぎ

    アシアナ航空、日本・東南アジア路線の一部を運休へ…傘下LCCが運航引き継ぎ

  4. 2020東京五輪に向け、3棟のホテル…羽田空港第2ゾーン開発[フォトレポート]

  5. 航空自衛隊向け F-35A の試験飛行を8月中に実施

  6. 4年に一度“空の大博覧会”「2016国際航空宇宙展」  10月12~15日

  7. IHI、航空機エンジン部品を製造する新工場が竣工…エアバスA320neo向け

  8. タイガーエア・オーストラリア、メルボルン=キャンベラ線を開設 12月8日

  9. ボーイング787、今度はANAの操縦席窓ガラスにひび割れ

  10. ドバイのアール・マクトゥーム国際空港、1~6月利用客数は95%増

アクセスランキングをもっと見る