ANA、国際線旅客の燃油サーチャージを4月からゼロに…6年半ぶり

航空 企業動向

全日本空輸(ANA)グループは、4月1日以降の航空券発券分に適用となる国際線旅客の燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)を6年半ぶりにゼロにすると発表した。

日本航空(JAL)も国際線旅客の燃油サーチャージを4月発券分から廃止することを決めている。

ANAでは、燃油サーチャージを2カ月ごとに、直近2カ月間の燃油市況価格平均に基づき見直している。4月以降の対象となる2015年12月から2016年1月のシンガポールケロシン市況価格2カ月平均が1バレル当たり42.98米ドル、為替レートは1ドル=120.14円となった。

この結果、シンガポールケロシン市況価格の円貨換算額は5163円となり、燃油サーチャージ適用なしの基準となった。

現在の燃油サーチャージは路線に応じて1人当たり300~7000円が適用されている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

航空 アクセスランキング

  1. 成田国際空港、東京五輪に向けてユニバーサルデザイン化…第1弾はトイレ

    成田国際空港、東京五輪に向けてユニバーサルデザイン化…第1弾はトイレ

  2. 【IDE TOKYO16】多目的無人ヘリを参考出品、17年発売へ…日本遠隔制御

    【IDE TOKYO16】多目的無人ヘリを参考出品、17年発売へ…日本遠隔制御

  3. 香港航空、大阪線を開設へ…7月15日から

    香港航空、大阪線を開設へ…7月15日から

  4. JAL輸送実績、国際線の座席利用率77.5%、国内線は62.4%…4月

  5. MRJ、飛行試験2号機が5月に初フライト…1号機は改修中

  6. ANA、ベトナム航空と資本・業務提携で最終合意…コードシェア便を設定

  7. オバマ大統領が搭乗のエアフォースワン、給油のために横田基地へ立ち寄り

  8. ドローン活用の映像とクリエイターを支援するセミナーを開催…6月5日に表参道ヒルズ

  9. 【静岡ホビーショー16】タミヤ、新作「1/48 F-14A トムキャット」を会場発表

  10. EU残留支持を呼び掛け…英首相がイージージェット本社を訪問

アクセスランキングをもっと見る