道路横断の高齢女性2人、はねられ死傷

自動車 社会 社会

7日午後5時45分ごろ、静岡県藤枝市内の市道で、徒歩で道路を横断していた高齢女性2人に対し、交差進行してきた軽乗用車が衝突する事故が起きた。この事故で2人が死傷している。

静岡県警・藤枝署によると、現場は藤枝市与左衛門付近で片側1車線の直線区間。横断歩道や信号機は設置されていない。高齢女性2人は徒歩で道路を横断していたところ、右方向から交差進行してきた軽乗用車にはねられた。

この事故で73歳の女性が全身強打でまもなく死亡。74歳の女性は軽乗用車にはねられた後、対向車にもはねられて足を骨折するなどの重傷を負った。警察は事故に関係した2台の運転者から自動車運転死傷行為処罰法違反(過失傷害)容疑で事情を聞いている。

現場は夜間の見通しが悪い区間。最初にはねた軽乗用車の運転者は聴取に対して「路地から突然出てきた、急ブレーキを掛けたが間に合わなかった」などと供述しているようだ。警察では事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

《PR》関連記事

関連ニュース

特集

おすすめの商品