JAXA、「長期宇宙滞在での放射線リスク低減」についてのワークショップを開催…3月3日

宇宙 科学

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、3月3日にフロントプレイス秋葉原(東京都千代田区)で、宇宙医学生物学研究ワークショップ「長期宇宙滞在における放射線リスク低減に向けた取り組み」を開催する。

長期宇宙滞在では、放射線環境による長期間の低線量率被ばくが大きな課題となっている。

今回の宇宙医学生物学ワークショップでは、宇宙放射線の生物影響リスクに取り組むJAXA内外の研究者が最先端の研究成果を報告する。

これによって現在の課題と将来の研究の方向性について議論、長期宇宙滞在における宇宙放射線被ばくリスクの低減に向けた可能性、実現性などについて明らかにしていく。

医学生物学研究者向けの専門家会合だが学生・一般も聴講できる。参加費は無料で、定員は100人。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

宇宙 アクセスランキング

  1. 火星と地球の距離が7528万km、11年ぶりに最接近…5月31日

    火星と地球の距離が7528万km、11年ぶりに最接近…5月31日

  2. ウェザーニューズ、独自衛星「WNISAT-1R」打ち上げへ…北極海航路を支援

    ウェザーニューズ、独自衛星「WNISAT-1R」打ち上げへ…北極海航路を支援

  3. 三菱重工、UAEの火星探査機打ち上げを受注…H-IIAロケットで2020年に打ち上げ

    三菱重工、UAEの火星探査機打ち上げを受注…H-IIAロケットで2020年に打ち上げ

  4. 宇宙空間でのタンパク質結晶化実験、7割が解析可能…JAXA

  5. 【宇宙博2014】その星に生命は存在するか…火星探査車キュリオシティの衝撃

  6. 金星探査機「あかつき」を周回軌道投入、5年ぶり再挑戦…成否は12月9日ごろ判明

  7. アルマ望遠鏡、地球に似た軌道を持つ惑星の誕生現場を初観測…若い星の付近で

  8. JAXA、8人が閉鎖環境で14日滞在する試験を計画通り終了…次回は夏以降

  9. 先進光学衛星がプロジェクトに移行へ…349億円投じ2019年末打ち上げ目指す

  10. JAXA、ホンモノ体験プログラム「名古屋スペースキャンプ」を開催…参加者を募集

アクセスランキングをもっと見る