東京ガス、さいたま市にオンサイト式水素ステーションの運営を開始

自動車 ビジネス 企業動向

東京ガスは、都市ガスから水素を製造するオンサイト方式の水素ステーション「浦和水素ステーション」(埼玉県さいたま市)が営業を開始したと発表した。

東京ガスが、埼玉県で水素ステーションを運営するのは初めて。練馬水素ステーション、千住水素ステーションに続き、東京ガスが運営する3カ所目の水素ステーションとなる。

同社は、さいたま市の「次世代自動車・スマートエネルギー特区」での重点項目として低炭素社会の実現を目指すさいたま市とステーションの計画段階から連携し、2015年1月から建設してきた。ステーションの建設では、経済産業省の「水素供給設備整備事業費補助金」、さいたま市の「ハイパーエネルギーステーションS整備事業費補助金」の交付決定を受けている。

ステーションは、東京ガスが設置している天然ガススタンド「浦和エコ・ステーション」に、水素ステーションを併設したもの。水素ステーションと天然ガススタンドを併設することで、維持管理コストの低減、敷地の有効利用など、さまざまなメリットが期待できる。

ステーションは、現地で都市ガスから製造した水素を燃料電池自動車に充填する「オンサイト方式」の水素ステーションで、製造した水素をステーション内にて燃料電池自動車へ充填するほか、水素製造装置を持たない「オフサイト方式」の水素ステーションへも出荷することが可能。

水素ステーションの充填圧力は70MPaで、燃料電池車1台に水素をフル充填するのに約3分間かかる。
《レスポンス編集部》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品