無人機ドローン関連ビジネスが続々、専用練習場が今春登場

航空 企業動向

専用練習場「ブーメラン」の開設予定地の略図
  • 専用練習場「ブーメラン」の開設予定地の略図
  • 練習場予定地の様子
 無人機ドローンについて、飛行区域を示す地図やレンタルサービスなど、さまざまな関連ビジネスが登場している。操縦者をサポートするものも増え、操縦方法などを指導する教科書や講習のほか、操縦技術などを認定する検定試験も始まった。

 そんな中、ファナティックは9日、ドローンの操縦訓練専用の練習場「ブーメラン」を、4月中に開設すべく準備を進めていることを発表した。

 開設予定地は宮城県内で、東北自動車道の大和インターチェンジから4キロの大和町落合。1080坪の広大な敷地で、操縦訓練はもちろん、ドローン本体やパーツ、アプリの開発などに向けたテスト飛行や、研究目的での飛行データの収集など、さまざまな目的に対応する。

無人機ドローン関連ビジネスが続々、専用練習場が今春登場!

《加藤/H14》

特集

おすすめの商品

航空 アクセスランキング

  1. オバマ大統領が搭乗のエアフォースワン、給油のために横田基地へ立ち寄り

    オバマ大統領が搭乗のエアフォースワン、給油のために横田基地へ立ち寄り

  2. アメリカの大統領専用機 VC-25が羽田空港を離陸 [写真蔵]

    アメリカの大統領専用機 VC-25が羽田空港を離陸 [写真蔵]

  3. ホンダジェット、欧州航空安全局の型式証明を取得

    ホンダジェット、欧州航空安全局の型式証明を取得

  4. 伊勢志摩サミット関連施設周辺でドローン飛行禁止…伊勢神宮や平和記念公園

  5. アメリカ軍のステルス戦闘機F-22、横田基地へ計14機が飛来

  6. バンコクエアウェイズ、オーストリア航空とコードシェアを開始…東南アジア8路線が対象

  7. 【静岡ホビーショー16】タミヤ、新作「1/48 F-14A トムキャット」を会場発表

  8. イースター航空とティーウェイ航空、仁川=大阪線でコードシェア実施へ…6月7日~10月29日

  9. フィリピン航空、マニラ=台北=大阪線を開設へ…6月25日から

  10. ALSOK、ドローン侵入による被害を防止するサービスを開発…センサーで検知

アクセスランキングをもっと見る