無人機ドローン関連ビジネスが続々、専用練習場が今春登場

航空 企業動向

専用練習場「ブーメラン」の開設予定地の略図
  • 専用練習場「ブーメラン」の開設予定地の略図
  • 練習場予定地の様子
 無人機ドローンについて、飛行区域を示す地図やレンタルサービスなど、さまざまな関連ビジネスが登場している。操縦者をサポートするものも増え、操縦方法などを指導する教科書や講習のほか、操縦技術などを認定する検定試験も始まった。

 そんな中、ファナティックは9日、ドローンの操縦訓練専用の練習場「ブーメラン」を、4月中に開設すべく準備を進めていることを発表した。

 開設予定地は宮城県内で、東北自動車道の大和インターチェンジから4キロの大和町落合。1080坪の広大な敷地で、操縦訓練はもちろん、ドローン本体やパーツ、アプリの開発などに向けたテスト飛行や、研究目的での飛行データの収集など、さまざまな目的に対応する。

無人機ドローン関連ビジネスが続々、専用練習場が今春登場!

《加藤/H14》

特集

おすすめの商品

航空 アクセスランキング

  1. ANA、ボーイング787機の整備で欠航が発生 9月26日から

    ANA、ボーイング787機の整備で欠航が発生 9月26日から

  2. 2020東京五輪に向け、3棟のホテル…羽田空港第2ゾーン開発[フォトレポート]

    2020東京五輪に向け、3棟のホテル…羽田空港第2ゾーン開発[フォトレポート]

  3. リオ五輪選手団や都知事を乗せたJAL・ANA機、羽田着…吉田沙保里は“スタボー側”から

    リオ五輪選手団や都知事を乗せたJAL・ANA機、羽田着…吉田沙保里は“スタボー側”から

  4. タイガーエア・オーストラリア、メルボルン=キャンベラ線を開設 12月8日

  5. 航空自衛隊向け F-35A の試験飛行を8月中に実施

  6. アシアナ航空、日本・東南アジア路線の一部を運休へ…傘下LCCが運航引き継ぎ

  7. ドバイのアール・マクトゥーム国際空港、1~6月利用客数は95%増

  8. 「空の上の結婚式」希望カップルを募集

  9. ドローン操縦の初級者向け講習会 9月1日から

  10. 富士重、ファンボローエアショーに最新型ヘリコプターの模型や無人機を展示

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら