村上開明堂の第3四半期決算…バックミラーの売上好調、営業益10.3%増

自動車 ビジネス 企業動向

村上開明堂は2月9日、2015年4-12月期(第3四半期累計)の連結決算を発表した。

それによると、売上高は484億0700万円(前年同期比+5.5%)、営業利益は43億8500万円(+10.3%)、経常利益は46億1800万円(+0.5%)、四半期純利益は31億6100万円(-0.3%)だった。

主力の自動車用バックミラーは、国内では販売数量こそ前年並みだったものの、高付加価値商品の販売が増加。さらに海外での販売増加や円安効果もあり、売上高は5.5%の増収となった。メキシコ新会社での立上げ費用があったものの、営業利益も10.3%の増益を確保した。

通期業績見通しについては、前回予測を据え置いた。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. ヒュンダイの小型車、イオン も星ゼロ評価…グローバルNCAP

    ヒュンダイの小型車、イオン も星ゼロ評価…グローバルNCAP

  2. 「不便」の声受けて売店施設公募...バスタ新宿

    「不便」の声受けて売店施設公募...バスタ新宿

  3. 米国高級車販売、BMWが首位…メルセデスとレクサスを抑える 4月

    米国高級車販売、BMWが首位…メルセデスとレクサスを抑える 4月

  4. ホンダ、熊本製作所の従業員450人を一時配転

  5. 日本特殊陶業、米国セラミックス学会のCEAAアワードを受賞…環境への貢献を評価

  6. 小は大を兼ねるか? 軽&コンパクトカーのパッケージング、3つのポイントで検証

  7. 【NEW環境展16】油だけを吸う高機能油脂吸着材、吸油性能は自重の35倍…日本フォームサービス

  8. トヨタ自動車、米Uber社とライドシェア領域での協業を検討

  9. VWブランド世界乗用車販売、3.9%減の47万台…3か月連続で減少 4月

  10. クライスラーのカナダ工場、ミニバン累計生産1000万台…33年で達成

アクセスランキングをもっと見る