村上開明堂の第3四半期決算…バックミラーの売上好調、営業益10.3%増

自動車 ビジネス 企業動向

村上開明堂は2月9日、2015年4-12月期(第3四半期累計)の連結決算を発表した。

それによると、売上高は484億0700万円(前年同期比+5.5%)、営業利益は43億8500万円(+10.3%)、経常利益は46億1800万円(+0.5%)、四半期純利益は31億6100万円(-0.3%)だった。

主力の自動車用バックミラーは、国内では販売数量こそ前年並みだったものの、高付加価値商品の販売が増加。さらに海外での販売増加や円安効果もあり、売上高は5.5%の増収となった。メキシコ新会社での立上げ費用があったものの、営業利益も10.3%の増益を確保した。

通期業績見通しについては、前回予測を据え置いた。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. VW、米政府と和解…排ガス不正車を買い取りへ

    VW、米政府と和解…排ガス不正車を買い取りへ

  2. マツダの4車種、米国でリコール…ステアリングに不具合

    マツダの4車種、米国でリコール…ステアリングに不具合

  3. スバル レガシィ、米国でリコール…ステアリングに不具合

    スバル レガシィ、米国でリコール…ステアリングに不具合

  4. マツダ、グローバル生産台数が17か月ぶりのマイナス…5月実績

  5. ダイハツ、トヨタの完全子会社化を株主総会で承認

  6. スタイリッシュな車載防災セット、カーエマージェンシーボックス発売

  7. スズキ、登録車好調も軽自動車販売は17か月連続マイナス…5月実績

  8. 三菱自動車の下請け7800社、不正影響拡大が懸念…帝国データバンク

  9. メルセデス Cクラス、米国でリコール…パワーステアリングに不具合

  10. 撤退が決定したフォードディーラーの今…フォード神奈川港北ニュータウン店を訪ねる

アクセスランキングをもっと見る