パイオニア第3四半期決算…為替差損大幅減で赤字は17億4900万円に縮小

自動車 ビジネス 企業動向

パイオニア・カロッツェリア「サイバーナビ」(参考画像)
  • パイオニア・カロッツェリア「サイバーナビ」(参考画像)
パイオニアは2月9日、2015年4-12月期(第3四半期累計)の連結決算を発表した。

それによると、売上高3394億5600万円(前年同期比-8.8%)、営業利益38億4400万円(-23.6%)、経常利益は23億6900万円(前年同期は34億7600万円の赤字)、四半期純損益は17億4900万円の赤字(同47億3700万円の赤字)だった。

売上高は円安効果もあり、カーエレクトロニクスは増収となったが、前期に実施したホームAVおよびDJ機器の事業譲渡の影響等により、前年同期に比べ8.8%減収となった。

営業利益は、事業譲渡や体制のスリム化により販売費および一般管理費は減少したが、原価率が減価償却費の増加等により悪化したことや、減収により、23.6%の減益。最終損益は、為替差損が大幅に減少したことなどにより、赤字額は前年同期から29億8800万円縮小し、17億4900万円となった。

通期業績見通しは、為替動向や新興国の景気低迷に加え、光ディスクドライブ関連製品やCATV関連機器の売上減を見込み、売上高を下方修正。前回予想から100億円減の4550億円とした。各利益項目は前回予想から変更なし。最終利益は10億円の黒字を据え置いた。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. ヒュンダイの小型車、イオン も星ゼロ評価…グローバルNCAP

    ヒュンダイの小型車、イオン も星ゼロ評価…グローバルNCAP

  2. 米国高級車販売、BMWが首位…メルセデスとレクサスを抑える 4月

    米国高級車販売、BMWが首位…メルセデスとレクサスを抑える 4月

  3. ホンダ、熊本製作所の従業員450人を一時配転

    ホンダ、熊本製作所の従業員450人を一時配転

  4. FCA、アルファロメオとマセラティの新CEOを指名

  5. 「不便」の声受けて売店施設公募...バスタ新宿

  6. 【カーエレ最前線】ライティングでドレスアップという選択

  7. トヨタ自動車、米Uber社とライドシェア領域での協業を検討

  8. 小は大を兼ねるか? 軽&コンパクトカーのパッケージング、3つのポイントで検証

  9. 【NEW環境展16】油だけを吸う高機能油脂吸着材、吸油性能は自重の35倍…日本フォームサービス

  10. 【NEW環境展16】福島の除染で活躍した高圧洗浄車、空港への導入狙う新型

アクセスランキングをもっと見る