パイオニア第3四半期決算…為替差損大幅減で赤字は17億4900万円に縮小

自動車 ビジネス 企業動向

パイオニア・カロッツェリア「サイバーナビ」(参考画像)
  • パイオニア・カロッツェリア「サイバーナビ」(参考画像)
パイオニアは2月9日、2015年4-12月期(第3四半期累計)の連結決算を発表した。

それによると、売上高3394億5600万円(前年同期比-8.8%)、営業利益38億4400万円(-23.6%)、経常利益は23億6900万円(前年同期は34億7600万円の赤字)、四半期純損益は17億4900万円の赤字(同47億3700万円の赤字)だった。

売上高は円安効果もあり、カーエレクトロニクスは増収となったが、前期に実施したホームAVおよびDJ機器の事業譲渡の影響等により、前年同期に比べ8.8%減収となった。

営業利益は、事業譲渡や体制のスリム化により販売費および一般管理費は減少したが、原価率が減価償却費の増加等により悪化したことや、減収により、23.6%の減益。最終損益は、為替差損が大幅に減少したことなどにより、赤字額は前年同期から29億8800万円縮小し、17億4900万円となった。

通期業績見通しは、為替動向や新興国の景気低迷に加え、光ディスクドライブ関連製品やCATV関連機器の売上減を見込み、売上高を下方修正。前回予想から100億円減の4550億円とした。各利益項目は前回予想から変更なし。最終利益は10億円の黒字を据え置いた。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. マツダ藤本常務「アメリカ市場は基本的に厳しいが、踏ん張り時」

    マツダ藤本常務「アメリカ市場は基本的に厳しいが、踏ん張り時」

  2. 【スバルファンミーティング】BRZ ターボ化の可能性は…「頑張れば2.5Lなら」開発者トークショー

    【スバルファンミーティング】BRZ ターボ化の可能性は…「頑張れば2.5Lなら」開発者トークショー

  3. 三菱自動車、国内シェアは1%にダウン…軽自動車販売75%減など 6月実績

    三菱自動車、国内シェアは1%にダウン…軽自動車販売75%減など 6月実績

  4. 国内外の設計開発に触れながら自分を成長させる場がある ― エンジニアに訊くZFの魅力

  5. マツダ青山執行役員、国内販売大幅減も「正価販売は今後も継続する」

  6. ホイールアライメントって何? 調整の必要な理由とは

  7. 「フェラーリやってます」輸入車販売のニコル、横浜でモーターショー

  8. スバル富士重、国内外販売好調…総生産台数は8か月連続プラス 6月実績

  9. スズキ、国内販売5か月ぶりのプラス…新型 イグニス など好調 6月実績

  10. ピックアップとSUVの間、端正でマッスルな日産 NP300 ナバラ [フォトレポート]

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら