富士通、あいおいニッセイ同和にテレマティクスサービスを提供

自動車 テクノロジー 安全

富士通は2月9日、あいおいニッセイ同和損害保険と、自動車保険フリート契約者向けテレマティクスサービスで協業することで合意したと発表した。

今回の合意により、富士通は2016年4月より、位置情報を活用したクラウドサービス「SPATIOWL」をベースとした安全運転支援サービスと、富士通テンの高精度なクラウド対応通信型業務用ドライブレコーダーを、あいおいニッセイ同和の自動車保険フリート契約者向けに提供する。

提供するクラウド対応通信型業務用ドライブレコーダーは、本体・小型車載カメラ分離型で、過酷な車載環境でも安心して使用できるよう設計されている。GPS測位ではなく車両から直接車速データを取得するため、より高精度な運転の挙動把握ができるほか、無線通信ユニットを搭載し、リアルタイムにドライバーの運転特性データを収集できる。

安全運転支援サービスでは、運転特性データから車両のふらつきや前方車両との距離、急ハンドルなど、各ドライバーの運転状況を解析し、安全運転の診断書や指導書の自動作成やランキング表示が可能。また、速度超過や急加速、急減速、急ハンドルなどが行われた際に、ドライバーに自動で警告を通知できるほか、自動車の管理者に対しても、各車両の位置や走行中の危険運転、事故などの発生をリアルタイムで通知できる。

月額料金(税別)は1台あたり2200円より。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 テクノロジー アクセスランキング

  1. ユピテル、衝突警報システム「マエミテ」を発売…レーザーで車間距離を測定

    ユピテル、衝突警報システム「マエミテ」を発売…レーザーで車間距離を測定

  2. 米CESで受賞、FOCAL「K2 Power」のセパレート2ウェイシステムを聴いてみる

    米CESで受賞、FOCAL「K2 Power」のセパレート2ウェイシステムを聴いてみる

  3. 無料ナビアプリ三つ巴対決、一番使いやすいのはどのアプリだ

    無料ナビアプリ三つ巴対決、一番使いやすいのはどのアプリだ

  4. 【インタビュー】コネクテッドカーのための人工知能とは?… ニュアンス、車載事業部マーケーティング・マネージャーに聞いた

  5. 始まって以来の“大変革”…新型 カロッツェリア サイバーナビ 発表

  6. ガーミン、トライアスロン向けGPSウォッチに新モデル…光学式心拍計を搭載

  7. 市販ナビ満足度3連覇達成のアルパイン BIG Xシリーズ、その実力は

  8. JAF、危険予知トレーニングの新作動画を公開…トンネル内の無灯火車両など4本

  9. ユピテル、レーダー探知機 SUPER CAT A710 発売…新小型オービス対応のタッチパネルモデル

  10. 【官能カーオーディオ!】車内で“スマホ”を聴く方法、最新事情パート2…“AUX”&“USB”編

アクセスランキングをもっと見る