香港国際空港新ターミナルの供用開始へ…LCCバニラエアが発表

航空 企業動向

格安航空会社(LCC)のバニラエアは2月8日、香港国際空港の新ターミナル、ミッドフィールド・コンコースを16日から供用開始すると発表した。

バニラエアは搭乗便により使用ゲートが異なるため、空港で搭乗ゲートを確認するように呼び掛けている。搭乗口がゲート201~219の場合、ミッドフィールド・コンコースへの移動となる。チェックインカウンターのあるターミナル2からターミナル1にシャトルトレインで移動し(2分)、同じホームから出発するミッドフィールド行きに乗車する(6分)。

搭乗口がゲート501~510の場合はノースサテライト・コンコースへの移動となる。T2からT1にシャトルトレインで移動し(2分)、T1の4階にあるシャトルバス乗り場からノースサテライトに向かう(8分)。

東京(成田)=香港線の便数は1日2便。3月26日搭乗分までの香港発東京行きのフライトスケジュールは次の通り。JW340便は2時に出発し、7時5分に到着。JW344便は15時40分に出発し、20時45分に到着する。
《日下部みずき》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品