【カストロール ネクセル 後編】エンジンオイルのカートリッジ化で、リサイクルも可能に

自動車 ビジネス 企業動向

カストロール「ネクセル」は市販車への適用も視野に入れている。写真はスバルBRZとフォードフォーカスのテスト車
  • カストロール「ネクセル」は市販車への適用も視野に入れている。写真はスバルBRZとフォードフォーカスのテスト車
  • カストロール「ネクセル」のカートリッジ
  • 大谷達也氏とマーク・ペイン氏
  • マーク・ペイン氏
  • カストロール「ネクセル」
  • カストロール「ネクセル」のカートリッジ
  • カストロールの研究施設
  • カストロールの研究施設
エンジンオイル交換がわずか90秒間で終わるだけでなく、燃費改善やCO2排出量の低減にも効果のあるカストロール・ネクセル(NEXCEL)。その詳細を取材するため、イギリス・パンボーンに建つカストロール本社を訪ねた。

ここでインタビューを行った技術者のひとりが潤滑油調合部門で責任者を務めるマーク・ペイン。彼と会って話を聞くまでは、エンジンオイルをカートリッジに収めることとオイルの調合にどんな関係があるのか、私にはまったく想像ができなかった。しかし、化学の領域からオイルの開発に関わっているペインにとっても、ネクセルは極めて興味深い研究テーマであるという。

「イギリスでは、使用済みオイルの大半は燃料として燃やされます」とペイン。

「なぜなら、サービス工場から回収された古いオイルには冷却水や様々な異物が混入しており、潤滑油として再生するのはコスト面からいって非現実的だからです。しかし、オイルがカートリッジ内に密封されているネクセルであれば冷却水が混じる可能性はほとんどなく、たとえ使用後であっても異物は混入しにくいと考えられます。また、もともとどんなオイルが封入されていたのかも明らかなので、新油と変わらない性能を比較的容易に取り戻すことができます」

つまり、ネクセルを導入すればエンジンオイルのリサイクルが可能になるのだ。これは資源や環境を保護する観点からいって、とてつもないメリットがあるといえるだろう。

また、ネクセルを利用すれば、いままで以上に優れた性能を持つエンジンオイルの開発が可能になるとペインは語る。「ネクセルはオイルパン内のオイル量を正確にコントロールできるため、暖機に要する時間をこれまでより短くできます。つまり、エンジンオイルは短時間で適温に達するので、添加剤の使用温度範囲を従来よりも狭く設定することが可能となり、このため、より突き詰めた性能を持つ添加剤を配合する道が開けると考えています」

カストロールとしては、今後2年間ほどは主に少量生産モデルへの適用を通じて開発を進めるいっぽう、5年後を目標に大量生産モデルへの採用を目指す考え。このため、現在は世界中の様々な自動車メーカーと共同開発に関する交渉を行っているところだ。

「様々な人々と意見を交換するたびに、ネクセルのアイデアはどんどん広がっていきます」 ネクセル・プロジェクトでチーフエンジニアを務めるオリヴァー・テイラーが語ったこの言葉は、ネクセルの可能性が無限大であることを示しているといえるだろう。
《大谷達也》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. テスラ、カーシェアリングに進出へ…自動運転との連携も視野に

    テスラ、カーシェアリングに進出へ…自動運転との連携も視野に

  2. 米EVテスラ、太陽光発電企業の買収に強い意欲

    米EVテスラ、太陽光発電企業の買収に強い意欲

  3. 長安マツダ中国販売19%増、CX-5 と アクセラ 好調 上半期

    長安マツダ中国販売19%増、CX-5 と アクセラ 好調 上半期

  4. テスラ、ソーラールーフ開発へ…エネルギー生産と貯蔵を統合

  5. 自動車事故防止モニタリングサービス、損保ジャパン日本興亜など提供開始

  6. いすゞ自動車、GMとの次世代ピックアップトラックの共同開発を中止…単独で開発へ

  7. メルセデス SLK、米国でリコール…ヘッドライトに不具合

  8. ホンダ欧州販売…33.5%増の8.8万台、ヴェゼル が牽引 上半期

  9. ガリバー、社名を「IDOM(いどむ)」に変更…ブランド名「ガリバー」は継続

  10. 【川崎大輔の流通大陸】ミャンマーでプライスリーダーを目指す日系自動車メディア

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら