ヤマハ発動機の通期決算…二輪をはじめ各事業好調で営業益38%増の1204億円

モーターサイクル 企業動向

ヤマハ MT-07(参考画像)
  • ヤマハ MT-07(参考画像)
  • ヤマハ セロー250
ヤマハ発動機は2月9日、2015年1-12月期の連結決算を発表した。

それによると、売上高は1兆6154億円(前年同期比+6.2%)、営業利益は1204億円(+38.0%)、経常利益は1252億円(+28.7%)、四半期純利益は600億円(-12.3%)だった。

先進国事業は、二輪車事業でのグローバルモデル・高価格商品の増収効果、マリン事業での大型モデル販売増加・輸出に伴う円安効果、特機事業でのレクリエーショナル・オフハイウェイ・ビークル(ROV)の販売増加などにより増収・増益となった。また、新興国二輪車事業は、ベトナム・フィリピン・台湾での販売増加、各地域での高価格商品・コストダウン効果などの増益要因が、インドネシア・ブラジル・中国などの販売減少、通貨安影響などの減益要因を吸収し、前期並みの利益となった。

なお純利益は、「移転価格税制に関する事前確認(APA)」についての日米相互協議の結果を受け、米国子会社において法人税等の追加納付356億円が発生したことや、同社における繰延税金資産144億円を追加計上したことなど、一時的要因を含めて12.3%の減益となった。

次期連結業績見通しは、売上高は1兆7000億円(前期比+5.2%)、営業利益は1200億円(-0.4%)、経常利益は1250億円(-0.2%)、純利益は800億円(+33.3%)とした。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モーターサイクル アクセスランキング

  1. 【人とくるまのテクノロジー16】ヤマハ、日本未発表の欧州向け最高峰モデル MT-10 を展示…跨りOK

    【人とくるまのテクノロジー16】ヤマハ、日本未発表の欧州向け最高峰モデル MT-10 を展示…跨りOK

  2. 【東京モーターショー15】スズキ、原付クロスバイク「フィール フリー ゴー!」を世界初公開

    【東京モーターショー15】スズキ、原付クロスバイク「フィール フリー ゴー!」を世界初公開

  3. ヤマハ発動機、三輪コミューター第2弾 トリシティ155 を発売

    ヤマハ発動機、三輪コミューター第2弾 トリシティ155 を発売

  4. 二輪車向け世界初「サイドビューアシスト」、初めての搭載はマキシ・スクーターから...ボッシュ

  5. 【スズキ GSR250F 試乗】“250ツアラー”、競合フルカウルとは明確な違い…青木タカオ

  6. 台湾で大型バイクユーザー急増中…日本とは違うツーリング事情

  7. 【ホンダ CB1100EX 試乗】見た目、走りとも飽きずに長く付き合える…青木タカオ

  8. 富士山麓がハーレーで埋め尽くされた1日…ブルースカイヘブン

  9. 【東京モーターサイクルショー16 動画】ヤマハ、レトロと先進の融合「XSR900」と3輪「トリシティ155」が初公開

  10. 【スズキ アドレス110 発表】“通勤快速”スクーター、アドレスV125 との違いは

アクセスランキングをもっと見る