ヤマハ発動機の通期決算…二輪をはじめ各事業好調で営業益38%増の1204億円

モーターサイクル 企業動向

ヤマハ MT-07(参考画像)
  • ヤマハ MT-07(参考画像)
  • ヤマハ セロー250
ヤマハ発動機は2月9日、2015年1-12月期の連結決算を発表した。

それによると、売上高は1兆6154億円(前年同期比+6.2%)、営業利益は1204億円(+38.0%)、経常利益は1252億円(+28.7%)、四半期純利益は600億円(-12.3%)だった。

先進国事業は、二輪車事業でのグローバルモデル・高価格商品の増収効果、マリン事業での大型モデル販売増加・輸出に伴う円安効果、特機事業でのレクリエーショナル・オフハイウェイ・ビークル(ROV)の販売増加などにより増収・増益となった。また、新興国二輪車事業は、ベトナム・フィリピン・台湾での販売増加、各地域での高価格商品・コストダウン効果などの増益要因が、インドネシア・ブラジル・中国などの販売減少、通貨安影響などの減益要因を吸収し、前期並みの利益となった。

なお純利益は、「移転価格税制に関する事前確認(APA)」についての日米相互協議の結果を受け、米国子会社において法人税等の追加納付356億円が発生したことや、同社における繰延税金資産144億円を追加計上したことなど、一時的要因を含めて12.3%の減益となった。

次期連結業績見通しは、売上高は1兆7000億円(前期比+5.2%)、営業利益は1200億円(-0.4%)、経常利益は1250億円(-0.2%)、純利益は800億円(+33.3%)とした。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モーターサイクル アクセスランキング

  1. ハーレーの新型エンジン『ミルウォーキーエイト』…油冷エンジンと言えます

    ハーレーの新型エンジン『ミルウォーキーエイト』…油冷エンジンと言えます

  2. ハーレーの新型エンジン『ミルウォーキーエイト』…アイドリングは850

    ハーレーの新型エンジン『ミルウォーキーエイト』…アイドリングは850

  3. ハーレー 2017年全32モデル発売、ツーリングファミリーに新エンジン搭載

    ハーレー 2017年全32モデル発売、ツーリングファミリーに新エンジン搭載

  4. 【リコール】カワサキ ZRX1200 DAEG、オーバーヒートのおそれ

  5. カワサキ、AIを活用した次世代モーターサイクルの開発に着手

  6. ヤマハ発動機、コミューターに搭載できるモーターサイクル搭載用品を世界各国で販売

  7. 【東京モーターサイクルショー16】ヴィクトリー オクテイン、日本初公開…水冷エンジン搭載

  8. BMWモトラッド、白馬でミーティングイベントを開催…8月27日・28日

  9. 4速ATで気軽に乗れる FX110、輸入販売開始…前後21インチホイール採用

  10. ドッペルギャンガー、ツーリング先で気軽に火を楽しめる新アイテム発売

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら