【ギフトショー16】柄物のカーインテリアで自分の部屋のような演出を狙う…未来科学

自動車 ビジネス 国内マーケット

未来科学が販売するカーインテリア商品
  • 未来科学が販売するカーインテリア商品
  • 未来科学が販売するカーインテリア商品
岡山県倉敷市に本社を構える未来科学は「ギフトショー2016」にフロアマットやハンドルカバーなどユニークながらのカーインテリア商品を披露。これからさまざまな販売ルートを通じて販売を開始するという。

「カーインテリア商品というと、どちらかというと暗い色の物が多く、また女性向けだとピンクやキャラクター物が多かったんです。うちはそれとは違う路線にしようと、クルマの中を明るく、自分の部屋のように演出できるように、柄物にしてみました」と同社関係者は説明する。

販売するカーインテリア商品は、フロアマットセット(2枚4600円)、シートカバー(5500円)、ハンドルカバー(3800円)、マルチボックス(1700円)、トレイ(1500円)、ティッシュカバー(1500円)の6品。そして、柄はそれぞれ5種類あり、そろえられるようになっている。

今回のギフトショーにしたところ、「来場者の反応は非常によかった」(同社関係者)とのことで、今後商品アイテムや柄を増やしていくそうだ。そして、これらの商品を「plus*fun」と名付け、ブランド化していく方針だ。
《山田清志》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. オートエクゼ、アテンザ用ストリートスポーツ チューニングキットを発売

    オートエクゼ、アテンザ用ストリートスポーツ チューニングキットを発売

  2. 米EVテスラ、小型SUVとピックアップトラック市場に参入へ

    米EVテスラ、小型SUVとピックアップトラック市場に参入へ

  3. 【リコール】スズキ イグニス、走行中にドアが開くおそれ

    【リコール】スズキ イグニス、走行中にドアが開くおそれ

  4. 【池原照雄の単眼複眼】出発点は「謙虚」…マツダの新しい走り「G-ベクタリング」

  5. オートエクゼ、ラムエアインテークにディーゼルエンジン搭載車用を追加設定

  6. 車内温度を素早く下げるには「エアコン+窓全開走行」がおすすめ…JAF検証

  7. 軽自動車の世帯当たり普及台数…100世帯に54.3台 2015年末現在

  8. オートエクゼ、スポーツインダクションボックスに新型ロードスター用を設定

  9. 横浜ゴム、ストリートスポーツ ADVAN A052 発売、専用コンパウンドを新規開発

  10. 高速バス100路線フリーパスなど…59社が結束、インバウンド活性化

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら