【ジャパンボートショー16】国内外から190社・団体が出展、240艇を展示…3月3~6日開催 | レスポンス(Response.jp)

【ジャパンボートショー16】国内外から190社・団体が出展、240艇を展示…3月3~6日開催

船舶 エンタメ・イベント

ヤマハ発動機ブース(ジャパンボートショー15)
  • ヤマハ発動機ブース(ジャパンボートショー15)
  • ジャパンボートショー15
日本マリン事業協会は、3月3日~6日までの4日間、パシフィコ横浜(屋内展示)と横浜ベイサイドマリーナ(フローティング展示)で「ジャパンインターナショナルボートショー2016」を開催する。

今回のテーマは「365日、海がアソビバ!」で、。国内外から190社・団体が出展、約240艇が展示される。

パシフィコ横浜会場では、2016年のニューモデルを含むボート、ヨット約190隻を展示するほか、ボート免許からマリーナなどの保管施設など、マリンレジャー関連情報を発信する。横浜ベイサイドマリーナ会場では、中・大型艇48隻のフローティングを展示し、ボートの航海講座、セーリングなど、ボート、ヨットを実際に会場で体験できる。船の種類や難易度によって3つの講座を設定する。

4日間2会場合計で、前回の4万3100人を上回る4万5000人の来場を見込んでいる。

また、今回は「海へのはじめの一歩を応援」を提案、パシフィコ横浜会場では、経済評論家の勝間和代氏による海・ボート遊びにまつわる講演、宣伝会議編集長の田中里沙氏による地域創生支援として海に関する自然体験プロジェクトを紹介する。

横浜ベイサイドマリーナ会場では、女性限定のボートクルージングなど、女性のための「海への第一歩」を応援するプログラムを企画する。

一方、パシフィコ横浜会場では、カワサキ、シードゥ、ヤマハの3メーカーを主体に、PWC関連用品、ウェアなどを集約した「PWCワールド」を展開する。2016年は「ガールズPWC」をテーマに、アクティブにジェットを楽しむ女性へのサポートプログラムも用意する。

共催イベントとして中古艇フェアやボート免許更新・失効再交付講習なども開催される。

入場料は一般1200円(高校生以上)で、中学生以下無料。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品