【ギフトショー16】リモコンで遠隔操作できる子供用電動車、タブレットも装備

自動車 ビジネス 国内マーケット

ジェイディジャパンが輸入販売する子供用電動車「Broon T870」
  • ジェイディジャパンが輸入販売する子供用電動車「Broon T870」
  • ジェイディジャパンが輸入販売する子供用電動車「Broon T870」
  • ジェイディジャパンが輸入販売する子供用電動車「Broon T870」
  • ジェイディジャパンが輸入販売する子供用電動車「Broon T870」
  • ジェイディジャパンが輸入販売する子供用電動車「Broon T870」
電動キックスクーターなどを輸入販売するジェイディジャパン(本社・大阪府箕面市)は、新たな子供用の乗り物を披露した。それは「Broon T870」という子供用の電動自動車で、なんとリモコンで遠隔操作が可能なのだ。

もちろん子ども自身でも運転でき、スイッチ一つで切り替えることができる。しかも、目の前にはアンドロイドのタブレットが付いていて、そこにスピードメーターなどの計器類が表示される。「そのタブレットではゲームができたり、音楽も聴けるようになっています」と同社関係者。

安全面にも気を配っていて、衝撃による子どもへの傷害を軽減するため、ホールド性の高いシートを採用し、4点式シートベルトも装備している。そのほか、ダブルウィッシュボーン式サスペンションを採用、タイヤは高密度ポリウレタン樹脂を材料とし、重量を軽くするとともに振動や騒音を軽減した。

バッテリーは鉛電池を使用し、約2時間半の充電で20kmの走行が可能。最高速度は時速8km/hだ。制限体重は35kgなので、5歳ぐらいの子どもまでが対象といえそうだ。

「韓国のHenes社が製造しているものですが、今年の3月末~4月に国内で発売しようと考えています」と同社関係者は話し、価格は20~30万円を予定している。
《山田清志》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. いすゞ自動車、GMとの次世代ピックアップトラックの共同開発を中止…単独で開発へ

    いすゞ自動車、GMとの次世代ピックアップトラックの共同開発を中止…単独で開発へ

  2. テスラ、ソーラールーフ開発へ…エネルギー生産と貯蔵を統合

    テスラ、ソーラールーフ開発へ…エネルギー生産と貯蔵を統合

  3. ホンダ欧州販売…33.5%増の8.8万台、ヴェゼル が牽引 上半期

    ホンダ欧州販売…33.5%増の8.8万台、ヴェゼル が牽引 上半期

  4. 三菱 ランエボ など、米国でリコール…サス部品脱落のおそれ

  5. 村田製作所、車載カメラに最適な巻線インダクタを商品化

  6. ドイツ高級3ブランドの中国販売、アウディが首位 6月

  7. 米EVテスラ、小型SUVとピックアップトラック市場に参入へ

  8. ボルボカーズの営業利益が3.3倍 上半期決算

  9. プジョー世界販売…0.5%増の89万台 上半期

  10. 宅配便取扱実績…ヤマト運輸、個数トップもメール便は2割減 2015年度

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら