スズキ長尾常務「インド上向き基調も、国内は良い材料見つかりにくい」

自動車 ビジネス 企業動向

マルチスズキ・エルティガ
  • マルチスズキ・エルティガ
  • スズキ ハスラー
  • スズキ 決算会見
  • スズキ 長尾正彦 取締役常務役員
  • スズキ 決算会見
  • スズキ 決算会見
スズキの長尾正彦取締役常務役員は2月8日に都内で開いた決算会見で、主力のインド市場について「基本的に上向き基調は変わらない」とする一方で、国内の軽自動車市場については「良い材料が見つかりにくい状況」との見方を示した。

長尾常務は「インドのマクロ経済をみても、中国など他の国の影響をそれほど受けずに推移しているので、基本的に上向き基調は変わらないということで、これからも計画を立てていきたい。インドも競争がどんどん厳しくなっているので販売拠点の整備、セールスマンの増員や、新型車投入も含めて、油断することなく、お客様の囲い込みを引き続き強化していく。我々としては継続的な成長、積極的な政策を打ち出したい」と述べた。

一方、国内市場に関しては「増税影響などを反映して軽の全体需要自体がなかなか戻ってこない。足元の動向からすると基本的に来期もあまりいい材料が整っていない。我々としては固めにみていくしかないと思っている。安全装備、燃費はもちろん、拠点網の整備などますます正念場に来ている。営業政策、商品戦略とともに強化していくことに尽きる。一台一台しっかり売っていく」とし、明暗が分かれるとの認識を示した。
《小松哲也》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. ガラス用フィルム施工…国家技能検定を開催 9月1日から受け付け

    ガラス用フィルム施工…国家技能検定を開催 9月1日から受け付け

  2. ポルシェ 918 スパイダー、米国でリコール…ネジを間違えた

    ポルシェ 918 スパイダー、米国でリコール…ネジを間違えた

  3. ジヤトコ、軽・小型FF車用「CVT7」の生産が累計1000万台達成…7年1か月

    ジヤトコ、軽・小型FF車用「CVT7」の生産が累計1000万台達成…7年1か月

  4. デンソー、自動運転技術の開発を強化…カーネギーメロン大金出教授が顧問に

  5. MINI クラブマン 新型、米国でリコール…サイドエアバッグに不具合

  6. 米運輸省、FCAの監視期間を1年延長…安全慣行めぐって

  7. ピニンファリーナデザインの高級ルーフボックス、テルッツォが発売

  8. 宅急便の荷物受け取り日時を事前に指定---ヤマト運輸のサービス

  9. ドバイ警察、今度はポルシェ 918スパイダー をパトカーに配備

  10. VW、サプライヤーと和解…独6工場の生産再開へ

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら